無料お悩み相談はこちらからどうぞ

仕事における倫理観を診断しよう!!

倫理観を診断しているイメージ

あなたは、一線を越えないと心に決めている倫理観を持っていますか。

以前の記事で、仕事における価値観を分析していただきました。

仕事の価値観を分析しているイメージ仕事における価値観を診断しよう!!

倫理観も価値観と同様に、あなたが行動したり決断するのに悩んだ時に、方向性を決めてくれるような「人生のコンパス」として機能します。

今回は、そんな仕事における倫理観について、分析していきましょう

人生における倫理観とは

倫理観という言葉は…

人として守るべき道、道徳、モラルについての考え方

という意味です。

倫理観も、人生のコンパスのようなもので、私たちの行動に影響を与え、私たちの人格を形成します。

それらは、あなたが人生で経験してきた「家族との体験、教育、尊敬する人たち」などから生まれたものです。また、あなたが歳を重ねるにつれて、たくさんの物事を学び、経験していくことで、倫理観はどんどんアップデートされていきます。

そんな倫理観についてですが…

自分が大切にしている倫理観とは、何なのか?

と自分に問いかけ、仕事に関することだけでも良いので、ノートに書き出してみてください。

参考までに具体例を挙げておきます。

  • 人を騙さない
  • 人の陰口を言わない
  • 人に嘘をつかない
  • 理不尽なことに我慢しない
  • 不誠実な仕事はしない…etc

などといったように、たくさんの倫理観が、人それぞれあると思います。

どんな些細なことでも大丈夫です。大切にしていることを全て書き出してみてください。

倫理観を理解するメリット

倫理観を定義することは、倫理的な一線を越えるかどうかの場面、自分の信念に背かざるをえない場面で、大切になります。

あなたも次のような場面で、どのような決断を下しそうか考えてみてください。

  • 理不尽な顧客を満足させなければならない場面
  • 理不尽な顧客に理不尽な理由で謝罪しなければならない場面
  • 上司からのプレッシャーで嘘をつかなければならない場面
  • グレーなやり方をみんながやっていて、あなたもしないといけない場面
  • 自分の失敗を認めると不利益をこうむる場面
  • 嘘をついた方が円滑にことが進むような場面…etc

事前に倫理観について定義しておかないと、このような場面に出くわした時に、自分の信念や倫理観を見極めている時間がないので、後悔するような誤った決断をしてしまうのです。

つまり、自分の倫理観を理解しておけば、いざという時に、冷静に対処できるということです。

あなたは嘘をつきますか

具体的な例をもう1つだけご紹介します。

次の質問に答えてください。

あなたは、嘘をつくことが倫理的だと思いますか。

多くの人が「NO」と答えそうですね。子供の頃に、「嘘は良くないこと」と教育されてきたからです。

では、次の質問です。

あなたは、嘘をついたことがありますか。

こちらの質問は、ほとんどの人が「YES」と答えるでしょう。少し、矛盾していますよね。

では、「どうして人は嘘をつくのか」を考えてみましょう。

多くの人が嘘をつく理由として…

  • 相手を悲しませたくなかった
  • 相手を怒らせたくなかった
  • 本当のことを言うのが怖かった
  • 本当のことを言うと不利になるから
  • 自分に自信がなかったから
  • 自分の利益を優先したかったから
  • 相手が求めていることを言ってしまった…etc

倫理的にみて、「嘘は良くないこと」と考える人が多いです。

ただ、このようにあなたが嘘をつく理由が明らかになっていれば、次に嘘をつく場面に出くわした時に、嘘をつかずにすむような準備ができるかもしれません。

少なくとも、人を傷つけない「良い嘘」と、人を傷つける「悪い嘘」を使い分けるくらいはできそうですね。

こうして自分の倫理観を理解することで、あなたが越えたくない一線を前にした時に、落ち着いてどう行動すべきか、注意深く考えられるようになるのです。


個人的に、「嘘は良くないこと」と単純に罪の意識を覚えることに対して、否定的です。

もし、世の中が嘘つきばかりだったとしたら、かなり生き辛くなるでしょう。

あなたも嘘をつくことに関して、良心の呵責を感じているなら、倫理観と向き合ってみるのはいかがでしょうか。