無料お悩み相談はこちらからどうぞ

自己分析が難しいと感じているあなたへ

自己分析を難しいと感じているイメージ

自己分析を継続していくことは難しく、絶え間ない努力が必要です。

やりたいことや好きなことは、簡単に見つかるわけではありませんよね。私自身、自己分析を続けてきたからこそ、それらを発見することができました。

だからと言って自分が完璧で、何事にも動じないというわけではなく、今でも他人の目を気にしたり、他人の意見に左右されたり、金銭的な不安を覚えることがあります。

今回は、そんな自己分析を円滑にすすめる為のガイドラインについてご紹介します。

自己分析のガイドライン

さっそくですが、自己分析を円滑にすすめる為のガイドラインをご紹介します。

自己分析をすすめる上での、ちょっとした注意点として、読み進めていただければ幸いです。

自己分析ノートを作る

よく頭の中だけで完結する人がいるが、必ずノートやスマホのメモでも良いので、言語化しよう。その理由は、頭の中にあるイメージは、言葉になる以前のモヤモヤにすぎないから。言語化することによって、自分について明確に把握することができる。日記のように毎日書かなくても大丈夫だが、何か答えを見つけたい時に、とりあえず書くという習慣を身につけよう。当サイトで紹介した「性格診断」を行うときに、自己分析ノートを学習帳として使用する。そうすると、そこで得た「学び」や「気づき」を、改めて振り返ることができる。

情報を浴びる

自己分析したからといって、それだけでは十分ではない。自分を知っていても、世の中がわからないと、好きなことややりたいことなど、どう適合すれば良いかわからず、地に足がつかない。その為には、書籍やNEWSサイトなどを通じて、情報を浴びるように得て、世の中の流れを把握しよう。また、それらの媒体を通じて、あなたが困った時や、チャンレンジしたい時に、どう対処すべきか参考にすることができる。

お金に縛られない

例えば、住宅ローンの返済に追われて、自分のやりたいことや好きなことをできない人がいる。借金をせずに、貯金をしろといわけではない。借金があると、自分の能力を磨いたり、夢を追い求めることが難しくなる。また、貯金ばかりせずに、自分の能力や夢に、投資をした方が良い。お金に縛られていると、率直に意見を言ったり、何かに反対したり、正しいと思うことを貫けなくなる。

休んで自分を見つめる

もちろん、仕事が趣味の人は休みは必要ないだろう。ですが、好きでない仕事をしていて、たまには休んで自分を見つめないと、物事を客観的に見られなかったり、自分と向き合えなくなる。自分に無理をさせていると、自分がわからなくなり、自己認識が低いままになる。

人間関係をアップデートする

人間関係は、あなたの悩みを解決してくれたり、あなたの挑戦を後押ししてくれる。しかし、生活や仕事が変化していくにつれて、あなたの悩みや挑戦したいことも変化していく。そこで、「自分の人間関係がアップデートされているのか」と自分に問いかけてみよう。アップデートしていないと、人間関係に「足りないもの」が増えていき、適切な助けやアドバイスがもらえなくなる。また、本当の人間関係を築く努力も必要。

専門家に相談する

困った時は専門家に相談しよう。ここでの専門家とは、精神分析医や精神科医という意味。日本の場合は、病んでしまってから相談することが多く、相談することが恥だという意識がある。全員にオススメするわけではないが、心が病んでしまう前の予防という面で、利用すると良い。特に、不安になりやすかったり、鬱っぽくなりやすい人で、自分がわからなくて悩んでいるなら、1人で自己分析するのではなく、専門家の支援を得るのが良いだろう。
注意
頼れる人がいない場合、よくカウンセラーを探す人がいますが、選び方には注意してください。少し調べればわかることなので詳細は割愛しますが、カウンセラーは誰でもなれますし、あやしいビジネスが多いです。あなたの悩みに漬け込む人が多いことを、覚えておいてください。

正直言って、自己分析するのは手間がかかりますし、めんどくさいです。

ですが、恋愛、仕事、人間関係などの悩みを解決したり、夢や目標を追い求めるのに、「自分を知る」のは必要不可欠でしょう。

あなたの人生をより良くする為に、ぜひ自己分析を続けてみてください。