無料お悩み相談はこちらからどうぞ

たくさんの人に好かれる方法とは!?

たくさんの人に好かれるイメージ

たくさんの人に好かれる方法は、あなたから相手に好意を伝えていくことです。

かなり当たり前なことに聞こえますが、意外にできていない人が多いのです。

もちろん、好意を上手く演出して、伝えられれば最高ですが、頭の中で好意的になるだけでも十分です。

今回は、どうしてあなたから好意的になると、たくさんの人に好かれるのかをご紹介します。

好意の返報性とは

人間は、自分に好意を持つ人に対して、好意を抱きやすい傾向があります。これを「好意の返報性」と呼びます。

以前の記事で、「恋愛は押しの一手に限る」とお伝えしたのも、この「好意の返報性」が働くからでしたね。

駆け引きのイメージ恋愛の駆け引きに心理学の理論を応用しよう!

これは、恋愛に限った話ではなく、それ以外の人間関係にも、応用することができます。

もし、親しくなりたい人がいれば、あなたが「この人の事が大好きだ」と自己暗示をかけるだけで、相手も好意で返してくれるといった流れです。

よほど偏屈な人は別ですが、私もこの効果を実感していて、いつも意識しています。試しに何度か、コンビニやカフェの店員などに試してみてください。いつもと対応が違ってくるのがわかると思います。

ネガティブな感情に注意

実はこの傾向は、好意以外の嫌悪や憎悪という感情にも当てはまります。

あなたも明らかに自分を嫌っている人に、好意を感じたりはしないでしょう。むしろ、同じように嫌いになる人が多いはずです。

こうしたネガティブな感情の方が、強い返報性を持っているので、お互いを嫌う感情がだんだん高まり、人間関係というのはますます悪くなってしまいます。

たとえ、嫌いな感情をどんなに隠しても、微妙な言動の中に、滲み出てきてしまうのです。

先ほど、「頭の中で好意的になるだけでも十分」とお伝えしたのもこれが理由で、あなたの好意的な感情だけでなく、嫌いな感情も、必ず表に出ています。

私のスタンスとしては、基本的に誰にでも好意的に接する、そして、どうしても嫌いな人は関わらないようにしています。

「人間としてどうなの」という人がたまにいますよね。嫌いで嫌いで仕方なくて、あなたを悩ませるような相手です。

この場合、もし、あなたが中立的なスタンスから接し始めて、嫌われてしまうと厄介ですね。

それなら、初めから好意的なスタンスで味方につけると、生きやすくなるのではないでしょうか。

また、関わらざるを得ない場合も、好意的な感情の方が、あなたの心にとっても良さそうです。

人は嫌いな人ほど、深く分析しようとしてしまいますから。

割れたハートを修復しているイメージ嫌いな人を好きになる方法とは!?

コミュニケーションにおける最も大切なコツ

私は、この「好意の返報性」と、以前の記事でご紹介した「自己開示の法則」という2つの理論が、コミュニケーションにおいて、最も大切なものだと信じています。

今までたくさんの理論をお伝えしてきましたが、なかなか不器用で実践できない人もいるでしょう。

ですが、この2つの理論を心がけるだけで、きっとたくさんの人に愛されるようになると思います。

自分から好意を持たないと、相手も好意は返してはくれないし。自分から情報を開示しないと、相手も情報を開示してくれず、親しくなれません。

人と親しくなったり、愛される為には、まず自分から行動してください。

それが、コミュニケーションにおける、最もシンプルで大切なコツです。


あなたの好意的な感情は、無意識に相手に伝わっています。

初対面の場合は特に、中立的なスタンスで、相手と接する人が多いでしょう。

もし、人に好かれたり、人と親しくなりたければ、ぜひこの理論を実践してみてください。