無料お悩み相談はこちらからどうぞ

何があなたの夢や成功を洗脳してくるのか!?

洗脳してくるイメージ

以前の記事で、人間は自分の基準ではなく、他人の基準に従って、人生の方向性を決めてしまいがちだ、ということをお伝えしました。

夢に悩んでいるイメージ夢や成功についてみんなに共通する悩みとは!?

その他人の基準に従っていると、自分は何が好きで、何が得意かなどが、わからなくなるのでしたね。

それではいったい、何があなたの基準を洗脳してくるのでしょうか。

本格的な性格診断に入る前に、その原因を認識し、洗脳を解いていきましょう。

何があなたの基準を洗脳してくるのか

あなたは、これまでずっと、まわりのアドバイスに耳を傾け、その期待に応えようと努力してきたと思います。

たとえ、そうでなかったとしても、自分の価値観や信念があり、いろんなことに挑戦していて、人生が充実していそうな人を見ると、ちょっとした不安を覚えるでしょう。

それでは、いったい何があなたの基準を脅かしているのでしょうか。

それは、家族、メディア、教育、他人のアドバイスが、大いに影響を与えていると考えられます。

それぞれ具体的に、どのように影響しているのか、一緒に見ていきましょう。

家族

あなたは、真面目に勉強すること、良い会社に就職することの大切さを、親に教育されたことがありませんか。

例えば、以下のように…

  • 良い大学、良い会社に入れば幸せになれるから
  • 公務員や大企業は安定しているから
  • 勉強しないと、まともな会社で働けないよ…etc

もし、あなたの親が経済的に苦労していたら、この傾向はより強くなるでしょう。

一般的に、親は子どものことを愛していますから、当然といえば当然です。あなたに、お金のことで苦労してほしくはないですからね。

そのほかにも、周囲に自慢できる子どもであってほしい、理想の成功イメージ(自分ができなかった)を子どもで実験しているなど、ネガティブな理由もあるかもしれません。

メディア

また、メディアに代表される文化的な社会通念にも、大いに影響を受けているでしょう。

例えば、テレビ、雑誌、SNSなど…

それらのメディアに登場する「成功している人」「幸せそうな人」「輝いている人」を見ると、つい自分も、それらを目指したくなりますよね。

その人自体だけでなく、その人が使っているモノにまで、手に入れたくなるのです。

そして、あなたなりの夢や成功ではなく、一般的な成功イメージにとらわれてしまうというわけです。あなたがそれを手に入れたとしても、本当の成功や幸せを感じないでしょう。

教育

あなたも学生の頃は、学力テストといった形で、成績や偏差値といった客観的な指標により、優劣を測されていますね。

勉強ができれば褒められ、できないと叱られるといった具合に。

そうこうしていると、「テストで点を取ることが正しい」「勉強できないと自分は何もできないんだ」という考えにとらわれてしまいます。

そして、それ以外のことに目がいかなくなるのです。

自分の好きなことや得意なことは後でわかるだろう。それよりまずは良い成績をおさめ、良い大学に入らないと、という思考に陥ります。

この問題はかなり根深くて、「勉強できないから、好きなこと得意なことを極めよう」と単純にはいきません。周囲は、「勉強=成功」と考えているので、反対されることが多いのです。

また、良い大学や良い会社に入れなかった人も、何かをしようと考えたときに「とりあえず資格を取ろう!」と考えがちになります。細かい話は割愛しますが、よほどの資格でない限り、仕事には結びつかず、この思考回路を利用した、「資格ビジネス」は世の中にたくさん存在します。

他人のアドバイス

進路や仕事を選ぶ時期になると、他人にアドバイスを求めたくなりますよね。何がやりたいか、どんな仕事かわからないと、つい不安になってしまいますから。

意外かもしれませんが、他人のアドバイスにも注意しなければなりません。あなたにとってベストなアドバイスをもらえるかは、かなり怪しいところです。

逆の立場に立ってください。あなたは、友人や家族の全てを理解し、的確なアドバイスをする自信はありますか。

答えはNOに近いので、結果的に、無難で一般的なアドバイスをされるというわけです。

共通する問題点

これらの4つの全てが、何らかの基準、実績、目標をベースに成功を描くように、あなたの基準に影響を与えているのではないでしょうか。

しかも、それらの一般的な基準を満たさないと、バカにされたり、ダメだという烙印を押されたり、恥をかくように教育されます。

本当は、心の声を満たすような内的なモノ(自分が本当にしたいこと、知的好奇心、人との結びつきなど)が大切なのに、結果が明らかにわかる外的なモノ(収入、学歴や社歴、肩書きなど)に目を向けさられるように洗脳されていくのです。

自分の人生に責任を負っているか

私たちは若い頃から、自分が本当に何を望んでいるのかを考えずに、一般的な成功に向けて努力していきます。

そして、先ほどお伝えしたように、あなたを完全に理解したアドバイスではなく、彼らの経験や願望、社会的な要請に従ったアドバイスを受けます。(あなたを本当に理解している人に出会うラッキーな方がごく一部いますが…)

まだあなたが若ければ、いくらでも新しいやり方を身につけて、自分に合った道を選ぶことができるでしょう。

ただある程度、あなたが歳をとっていれば、今まで培ってきたキャリアや実績が邪魔をしてきます。

というのも、あなたが自分なりの基準を見つけていなくても、他人には成功しているように見えるからです。

また、特にキャリアや実績がない人でも、今更変われないという諦めの気持ちや、自分のプライドが邪魔してきます。

そのどちらも、もっと早くからスキルを磨けば良かった、自分が何を望んでいるのか、もっと考えれば良かったと後悔します。

そこで、上記で述べてきたことを考慮に入れて、以下の質問を考えてみてください。

  • これらはあなたの状況と重なるところがありますか?
  • あなたは自分の能力を存分に発揮できていますか?
  • 他人の基準に従って、そのレールを走っている感じがしますか?

そして、これらの質問が当てはまるとして、もう人生を本当にやり直せないのでしょうか。

自分の人生に責任を持ってくれるのは、あなたしかいません。


あなたが無意識のうちに、周囲に洗脳されているのが伝わりましたでしょうか。

それらの影響を認識し、その洗脳を解かないことには、あなたの基準をつくりだすことは難しいでしょう。

今日からでも間に合います。あなただけの夢や成功を見つけていきましょう。