無料お悩み相談はこちらからどうぞ

好きな人と親密になる為に、夜デートは暗い所がおすすめ!?

暗闇のイメージ

気になる異性をデートに誘う時、あなたならどんな場所を選びますか?

出会い始めだと、「とりあえず食事に行く」といったところでしょうか。

そして、どこか緊張しながら、表面的な話をして解散する、というのがよくあるデートだと思います。

もし相手と親密になりたければ、暗闇を利用したデートがおすすめです。その理由をご紹介します。

暗闇が人の心を正直にする

早速ですが、「コミュニケーションと照明の明るさの関係」について調べた実験をご紹介します。

【内容】

男女比が半分ずつのグループを、狭い部屋に閉じ込める

【比較】

①部屋の中が明るい時、②部屋の中が暗い時、人の行動にどのような影響を与えるかを観察

【結果】
①それぞれの人が少し離れていて、床に座ったまま、ほとんど動かなかった。また、終始、当たり障りのない会話をしていた。
②時間がたてばたつほど、自分の座っている場所から移動し、お互いの体に触れたり、抱き合う人もいた。

この実験から、暗闇は、自分を抑えようとする心の壁を取り除き、自分をさらけ出し、大胆になる効果が見受けられました。

また、暗闇によって生まれた不安が、他人への依存心を高くしたとも解釈できます。

つまり、暗闇は、心の壁を取り除き、男女を親密にする効果があるのです。

MEMO
また、夕方になっていくにつれて、人間の認知や思考、判断能力は低下していくので、説得されやすくなります。

暗闇が人をドキドキさせる

また、暗闇はあなたの瞳孔を開かせるので、相手にとって魅力的に感じさせる効果があります。

瞳孔が開いている目は、黒目がちでキラキラしているので、とても魅力的に映ります。

目が大きいと瞳孔がよく見えることから、大昔から人は化粧をして、目を大きくみせる努力をしてきたのです。

さらに、暗闇は相手をドキドキさせる効果もあります。

暗闇によりあなたの瞳孔が開くということは、相手の瞳孔も開いています。

人は、一目惚れした時や、性的な感情を抱いた時に、瞳孔が開いて黒目が大きくなります。

相手の瞳孔が開いていると、脳はかなり適当なところがあるので、「瞳孔が開いているから、この人を好きなのかもしれない」と勘違いしやすくなるのです。

したがって、下記にもあげていますが、キャンドルに灯された落ち着いたバーや、キラキラした夜景に照らされた海辺のデートは、相手を落とすのに最適かもしれませんね。

顔を合わせなければ正直になれる

初めてのデートで食事をしているとして、テーブルを挟んで向かい合っている相手に、あなたの本音をさらけ出すことはできますか?

精神分析で有名なフロイトは、ソファーに患者を座らせると、あえて、その後ろのイスに座って、話しかけたと言われています。

相手の顔を見て、面と向かって話すのは、患者がリラックスできず正直に話せないと考えたからです。

この考えは、何となくわかる気がしますね。

出会い始めの頃は、後ろと言わないまでも、隣り合って話した方が、リラックスして話せると思います。

MEMO
内気でシャイな人は特に、見つめられると緊張してしまうという人が多いです。

どのようなデートプランが良いのだろう

暗闇は心の壁を取り除き、男女を親密にする」、「隣り合って話した方がリラックスできる」、ということがわかりました。

さて、この考えを応用して、あなたならどのようなデートプランが最適だと思いますか。

夜でも照明が明るい場所が多いので、照明が少ないか、あえて暗めにしている所がポイントになりそうです。

最初のお食事デートは仕方がないとして、食事が終わった後に考えられる、私のおすすめデートプランは次の通りです。

  • 街灯が少ない場所でお散歩
  • 街灯が少ない公園のベンチでお喋り
  • 落ち着いた雰囲気のバーでお喋り
  • 夜の海でお喋り
  • 夜景が見える場所でお喋り…etc

特にお散歩デートや公園デートは、暑すぎる時期や寒すぎる時期でなければ、心を開いて話してくれる印象があります。

もちろん恐怖を感じるほどの暗闇はダメですよ。

なかなかお食事デートだけでは、相手との関係は発展しないと思います。

ぜひ、あなたも自分なりのデートプランに、暗闇の効果を活用してみてください。

こちらの記事にも、心理学の理論を応用したデートプランを紹介しています。

カップルのイメージ友達以上恋人未満から抜け出すためには、相手に恐怖と興奮を与えよう!?