無料お悩み相談はこちらからどうぞ

あなたが嫌われそうな理由とは!?

なぜ嫌われている悩んでいるイメージ

あなたはアクション映画で出てくるような、特別捜査官です。ある国で諜報活動をしていると、敵の罠にはめられてしまいました。

その状況はあなたにとって、最も嫌だと感じる、最悪の状況なのですが…

それはどんな状況でしょうか?

  1. 敵に自分が拉致されて監禁されてしまった
  2. 人質として愛する人を奪われてしまった
  3. 仲間のスパイにあらゆる行動を監視されていた

 

この心理テストでは、あなたが陰で嫌われていそうな理由がわかります。

あなたが考える最悪の状況とは、そのまま、あなたが人からされると嫌なことを暗示しています。

人からされると嫌なことは、あなたも気づかないうちに、他人にしていることがあります。あなたの選んだ答えを見ることで、あなたが嫌われる理由がわかるというわけです。

1 他人を支配しようとする

あなたは、人にコントロールされたり、束縛されることを嫌います。他人に命令されるのは、我慢ならないでしょう。

ですが逆に、人をコントロールしようとするクセはありませんか。人を支配していくのが、得意な人もいるでしょう。

誰でも支配的な人には抵抗がありますから、反抗心を持たれているかもしれません。

2 好き嫌いがとにかく激しい

あなたは、周囲の人に気を遣ったり、楽しませたり、調和させようとしています。だから、人に悪口を言われたり、仲間外れにされることを嫌うでしょう。

ですが逆に、人を好き嫌いで判断することはありませんか。嫌いな人は無視したり、自然と距離を置いている人もいるでしょう。

別のグループに、陰口を言われているかもしれません。

3 他人にイライラしてしまう

あなたは、周囲の人から、自分の言動について、とやかく言われるのを嫌います。他人に監視されたり、批判されたくないでしょう。

ですが逆に、人の欠点などが目について、イライラしがちです。気づかないうちに、あれこれ指摘している人もいます。

「また何か言われるかも」と、周りの人が怖がって、できれば避けたいと思っているかもしれません。


「自分が嫌なことは、他の誰にもしてはならない」というキリスト教的な考え方は、「自分が嫌なことは、他の人にしてしまう」という人間心理を知っての戒めだったのか。そうだとしたら深いね。笑