無料お悩み相談はこちらからどうぞ

営業や販売などで効果的に価格提示する方法

利益が下がっているイメージ

あなたが営業や販売で、顧客に価格を提示するなら、必ず高い金額を先に提示した方が良いです。

顧客に対して、誠実であろうとすればするほど、初めから適正な価格を提示しがちです。

私もまったく同じ考えでした。

今回は、営業や販売などで効果的に価格を提示する方法をお伝えします。

利益を上げる方法とは!?

あなたが営業や販売で、もっと多くの利益を上げようと思うのなら、顧客に対して「高価な品を先に見せる」べきです。

その理由は、人間心理に大きな影響を与えている「コントラストの原理」というのが、深く関わってくるからです。

コントラストの原理とは…

2番目に提示されたものが、最初に提示されるものとかなり違っている場合、それが実際以上に最初のものと違っていると考えてしまう心理的な傾向のこと

ということです。

もし、安い商品を先に見せて、次に高い商品を見せると、顧客は通常よりも高く感じてしまうのです。

これと同じ理屈で、高い商品か安い商品かの順番ではなく、価格提示の具体的な金額に注目した場合でも…

最初から適正な価格ではなく、許容範囲内で高い金額を提示すべき

なのです。

もちろん、その高い金額で顧客が購入してくれれば、最高ですよね。

ですが、そんなに商売はうまくいきません。そこから譲歩してあげて、「元から売りたかった価格」で販売してあげましょう。もちろん、少し高めでも良いと思います。(色んな販売スタイルがあるのでやり方はお任せします)

そこで得られるメリットは2つあります。

  • 通常価格で販売されるよりも安く感じられる
  • 譲歩してもらえたことによって満足度が上昇する

特に、2番目のメリットが私にとって驚きでした。

「最初から適正価格で売れば良いじゃないか」と思っていたのですが、ある研究によると、人間は最初から適正価格で購入するよりも、高い金額から適正価格に値引きしてもらった方が、同じ金額なのに満足度が高いということなのです。

少し手間だとは思いますが、この「コントラストの原理」を意識して、利益をあげていってください。


営業や販売は、安く売れば良いというわけではありませんよね。

安売り商売は頭を使わずにできる、最も簡単なスタイルでしょう。

コントラスの原理を上手く活用して、ぜひ利益と顧客の満足度を向上させてください。