無料お悩み相談はこちらからどうぞ

初対面の人と気楽に話すコツとは!?

初対面の人と話すイメージ

以前の記事で、大勢の人前で緊張せずに話すコツをご紹介しました。

緊張しているイメージ大勢の人前で話すと緊張してしまう心理

大勢の人前もそうだけど、初対面の人と話すのが苦手で、相手にどう思われるか不安という人もいると思います。

そのような人の為に、どのような状況で話すのに気が重くなるかをチェックし、初対面の人と気楽に話せるようになる対策をご紹介します。

対人不安チェックシート

初対面の人と話すとなると、自分がどのように見られているか、この会話はうまくいっているのか、など気になります。

初対面の人と気楽に話せる人は、かなり少数派でしょう。

他人の目を気にすると、対人不安のような不安感が生まれ、話をするのに気が重くなり、気楽に話しかけられなくなります。

一部の人を除いて、誰しもが初対面の人と話すのは、何かしらの抵抗があると思います。

そのような対人不安が生まれやすい状況を診断する「対人不安チェックシート」をご用意しました。

初対面の人と話すのが苦手な人は、ぜひチェックしてみてください。

対人不安チェックシート
  1. 人の数が多ければ多いほど気が重くなる
  2. 知らない人と話す時の方が気が重くなる
  3. 大勢の人から注目されると気が重くなる
  4. 皆があらたまったフォーマルな状況ほど気が重くなる
  5. 他人に評価される状況ほど気が重くなる
  6. 自分の見た目や話し方について評価されたり、プライバシーを侵害されたりすると気が重くなる

複数の選択肢が該当する人もいると思います。

あなたはどの状況が最も、人と話すのに気が重くなりそうですか。

初対面の人と気楽に話すコツ

初対面の人と気楽に話すコツは、先ほどのチェックシートの①から⑥の対策を、個別に考えていくことです。

それらの対策を以下にあげていきますが、人それぞれ微妙な違いがあると思うので、あなたならどのように対策するか、自己分析してみてください。

そうすることで、対人不安も和らいでいき、人前でも気楽に話せるコツを見つけることができるでしょう。

①人の数が多ければ多いほど気が重くなる

対策

人の数が多くても、特定の人に話しかけるようにします。複数人での会話が苦手でも、個人同士だとハードルも下がりますね。また、グループの中でも、話すのが同じく苦手な人を見つければ、同じペースで話せるでしょう。

②知らない人と話す時の方が気が重くなる

対策

事前に情報収拾できるならば、相手に関することはできる限り知っておきましょう。情報が多ければ多いほど、落ち着いて話すことができます。事前に情報収拾できなければ、後日、知人から情報を引き出し、次に備えましょう。

③大勢の人から注目されると気が重くなる
④皆があらたまったフォーマルな状況ほど気が重くなる

対策

人というのは、あなたが思っている以上に、他人に興味がありません。そして、よほどの偉い人でない限り、フォーマルな状況に慣れている人は少ないのです。ここは、マインドセットの問題で、「自分はそれほど注目されていなく、相手はただ見ているだけ」「みんな無理してあらたまってるだけ」などと自己暗示をかけ、どう見られるか考えないことです。実際に、見られていません。

⑤他人に評価される状況ほど気が重くなる
⑥自分の見た目や話し方について評価されたり、プライバシーを侵害されたりすると気が重くなる

対策

自分に自信がない、理想の自分と現実の自分にギャップがある、虚栄心が強いなどが考えられます。こちらもマインドセットの問題で、変に飾ろうとせず、ありのままでいるようにしてください。必ずボロが出て来ます。所詮、他人の評価は他人の評価で、良いも悪いも様々な捉え方があります。それよりも、自分に自信が持てるように努めましょう。

自分に自信をつける方法については、こちらの記事をご覧ください。

成功しているイメージ自信のなさを克服する成功体験の積み重ねと自分の個性を知る方法
MEMO
上記の対人不安チェックシートを参考にし、「なぜ私はこの状況が苦手なのか」と自分に何度か問いかけて、紙に書き出して対策を考えるのも良いですね。

対人不安と聞くと大げさな感じがしますが、少しだけでも思い当たる所があったのではないでしょうか。

無理して話す必要はありませんが、初対面で気楽に話せた方がメリットは多そうですね。

できることから少しずつ試してみてください。