無料お悩み相談はこちらからどうぞ

他人に振り回されない生き方とは

幸せの青い鳥のイメージ

私はこのサイトにわざわざ訪れてくれる方たちを、「どうすれば幸せにできるだろう」といつも考えています。

個人的な考えの1つとして、あなたの人生を、あなたの力でコントロールして、人生をより良く生きてほしいという願いがあります。

その理由は、他人に振り回されてばかりの人生では、いつまでたっても、あなたを苦しめる悩みから抜け出せないからです。

ですが、生きていたら大変なこともあるし、初めからそんなこと誰も望んでいないと思います。

事実、他人に振り回されない人というのは、性格分類において一部の方だけです。大多数の人があなたと同じ悩みを抱えているので、安心してください。

今回は、どうして人が他人に振り回されてしまうのか、その心理的なメカニズムについてご紹介します。

2つに分けられる性格

性格分類には、「自分と自分の周りの出来事をどのように考えるのか」に注目した、「外的統制型」と「内的統制型」という分け方があります。

これから詳しく説明していきますが、自分の意識が「自分以外に向くか」「自分自身に向くか」をイメージしていただければ、よりわかりやすくなると思います。

外的統制型の特徴

外的統制型の方は、自分が行動することで生まれた結果を、自分のまわりにその原因があると考えがちです。

良いことがあったり、悪いことがあった時に、自分の外側に意識が向くので、「運が良かった」「運が悪かった」「あの人のおかげだ」「あの人のせいだ」などと周囲の影響を受けやすいのです。

他人が自分をどう思っているのかなども気にする傾向があります。大多数の方がこちらに分類されます。

内的統制型の特徴

内的統制型の方は、自分自身の能力や努力に原因があると考えるので、自分は自分、他人は他人と、あまり周囲の影響を受けません。

運や不運についてもあまり考えません。あくまで自分に原因があると考えるので、自分を改善することで乗り越えようとします。少数の方がこちらに分類されます。

ワンポイントアドバイス

外的統制型の方は、他人に振り回されやすいと言えるでしょう。

「運が悪い」「あの人が悪い」「あの人はどうすれば変わるだろう」「◯◯だから仕方ない」と考えがちな方は、自分を改善することで結果を良くするという、内的統制型の考え方を取り入れると良いでしょう。

他人を変えることはとても難しいことです。ですが、自分が変わることは、他人を変えようとするよりもずっと簡単です。

他人に振り回されない生き方とは、「自分の考え方や行動のクセを変えることで、自分の周囲にある世界を変えていく」ということです。

あくまで、「人生の主人公は自分だ」ということを忘れないでください。

ただし、内的統制型が絶対的に良いという話ではありません。自分に意識が向いているというのは、他人に意識が向かないということでもあるからです。

「強い自分を持ち信念がある」ようでも、言い換えると「頑固者でマイペース」と他人に思われますからね。

大切なのは、自分がどちらのタイプが優位かを意識し、両方の良いとこどりをすることです。

より詳しい性格分類

似たような性格分類で、「帰属の理論」というものもあります。

これも、トラブルや不満の原因をどこに求めるかで、「外的帰属型」と「内的帰属型」という分け方をします。(ちょっと名前が似てて、ややこしいですが…)

さらに、イライラの解消の仕方にも、「外罰型」と「内罰型」という分け方があり、帰属の理論と似たような分け方をします。

外的帰属型・外罰型の特徴

外的帰属型の方は、何か問題が起こった時に、自分の周りの人間や組織などが原因だと考えます。周囲が改善されないと、状況が良くならないので、人間関係などで悩みやすく、根本的な解決ができません。

ただ、外罰型なので、イライラを外にぶつけ、内罰型に比べるとストレスは溜まりにくいです。

内的帰属型・内罰型の特徴

内的帰属型の方は、何か問題が起こった時に、自分の態度や性格などが原因だと考えます。そして自分を改善することで、次に問題が起こらないように努めます。

ただ、内罰型なので、ストレスを自分の中に抱え込みがちなことが多く、鬱になりやすいです。

MEMO
無罰型というのもあります。こちらは「なんくるないさぁ」とあまり外にも内にも、イライラを向けず気にしません。ある意味、理想的と言えますね。

こちらも大切なのは、自分がどちらのタイプが優位かを意識し、両方の良いとこどりをすることです。

あなたはどちらのタイプだったでしょうか。

他人に振り回されない生き方は、それ相応の努力が必要で、大変な生き方だと思います。

自分のまわりに身を任せたほうが、確実に楽な生き方です。ですが、その生き方にはいつも「悩み」がついてまわります。

このサイトを通じて、強い自分や幸せな人生を手に入れられる手助けができれば嬉しいです。

今後もよろしくお願いします。