無料お悩み相談はこちらからどうぞ

デートの誘いを断られた時の上手な返事とは!?

断られてショックなイメージ

デートの誘いを断られるのは、やはりショックですよね。

相手に断られた時、あなたは「わかった」「残念」などと返事していることでしょう。

私だけかもしれないですが、この返事の仕方だと何かスッキリしない気持ちがします。

お互いが、微妙に嫌な気持ちが残ってる感じがするのです。

そこで、デートの誘いを断られた時に、好印象を与えられる返事の仕方を考えてみたので、その方法をご紹介します。

一般的な返事の仕方

あなたがデートの誘いを断られるとき、次のように断られるのではないでしょうか。

  • ちょっと急用が入ったから、今週の飲みは行けなさそう
  • 仕事が忙しくて、ちょっと難しい
  • もう予定が入ってて、その日は無理だわ…etc

そして、だいたいの人は次のように応えるでしょう。

  • そうなんですね。残念です。
  • 了解です。忙しいですもんね。
  • そうなんですね。わかりました…etc

このような流れだと、とにかく次が誘いづらい

相手の立場になって考えても、断る側も申し訳なく感じてしまいます。

そこで、少なくともお互い気持ち良く終わり、あわよくば相手に好意的に思ってもらえる方法があります。

次につなげる返事の仕方

相手の心を読む「コールドリーディング」という分野に、「シュガーランプ」というテクニックがあります。

これは、「砂糖の塊」のように、甘くて心地よい言葉を投げかけて、相手の抵抗をゆるめ、好意的にさせる方法です。

使い方としては、先ほど挙げた返事を次のようにアレンジすると良いでしょう。

仕事(勉強)で忙しい人

そうなんですね。残念です。けど、そうやっていつもお仕事頑張ってる、〇〇さん、かっこいいです。

予定が埋まってる人

そうなんですね。残念です。〇〇さんといると面白いから、また楽しみにしていますね。

すでに恋人がいる人

そうなんですね。残念です。〇〇さん、すごい誠実なんですね。またみんなで飲みに行きましょう。

などと、相手の断る理由や、相手の性格などから、感情的で褒めるような言葉を用いると良いでしょう。

男性は褒められるのに慣れていないので、女性が利用すると効果的と言えますね。

何も印象に残らない返事をするよりもずっと良いと思います。

個人的には、いつも仕事を最優先しがちなので、このように言われると、すごい嬉しい気持ちになります。

ふとした瞬間や、仕事が落ち着いたときに、あなたを思い出してもらえると、しめたものです。

注意
もちろん、嫌味っぽく聞こえないように注意は必要です。

とても細かい内容だったかもしれませんが、いつもの返事だと何かモヤっとする事が伝わりましたでしょうか。

お互いに気持ちよく、次も誘いやすい返事の仕方が望ましいですね。

あまり努力もいらない方法なので、ぜひ試してみてください。