無料お悩み相談はこちらからどうぞ

手の動きであなたの深層心理と相手に与える印象がわかる!?

手の動きのイメージ

あなたは、会社である人と立ち話をしています。

その時の手の位置は、いつもどこにありそうですか?

  1. 体の後ろに両手がある
  2. 体の前で腕を組む
  3. 腰に手をあてる
  4. 話の内容に合わせて、手を体の前で動かす

 

この心理テストでは、あなたの深層心理や相手に与えている印象がわかります。

普段の何気ない言動に、あなたの深層心理(無意識)は隠されています。特に、手はその人の深層心理が現れやすいと言われています。

また、手の仕草は、相手の印象をも左右すると言われています。ちなみに、この心理テストの質問と結果は、そのまま相手の心を読むのに役立ちます。

1 いつも控えめ

この仕草は、相手よりも下手に出て、持ち上げようとする気持ちを表しています。特に、年上の人と話す時に多くみられます。相手に控えめな印象を与えることでしょう。

また、手を後ろに回したり、ポケットに手を入れる仕草は、嘘をついたり、相手が嫌いな時にも出やすくなる特徴です。

2 いつも緊張しがち

この仕草は、相手に対する拒絶や防衛本能を示し、緊張や不安を表すとされています。

また、相手によっては、偉そうで見下した態度であったり、よそよそしく心を開いていない印象を与えます。

3 自己中心的

この仕草は、自己中心的で、自分の存在を多くの人にアピールしたい気持ちが強いことを示すとされています。

また、偉そうで見下した印象を与え、良い仕草とはみなされません。

4 自己主張が強め

この仕草は、自己主張が強く、話の主導権を握りたいという意識の表れとされています。

腰に手をあてる仕草以上に、偉そうで見下した印象を与えます。ただ、話に力強さを持たせたり、説得力が増す効果は期待できます。


癖や仕草の心理についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。
心理のイメージ癖や仕草から相手の心理を読む ーたった7つのチェックポイントー