無料お悩み相談はこちらからどうぞ

好きな人の理想の相手になる方法とは!?

好きな人を想っているイメージ

好きな人の理想の相手になるには、好きな人の理想の相手をあなたのイメージと関連づけられるように、自己PRしていくことです。

誰もが、理想の相手の性格はこんな人、というだいたいのイメージがあると思います。また、好きな人に好きなタイプを聞く人も多いでしょう。

今回は、あなたが好きな人の理想の相手になる為の、イメージ戦略についてご紹介します。

人の記憶は複雑に絡み合っている

細かい脳の仕組みについての説明は割愛しますが、人の記憶はとても曖昧で、不要な記憶はどんどん忘れるようにできています。

例えば、毎年の誕生日について、細かく記憶している人は少ないですよね。

ですが、その誕生日に、とても感動したことや、面白かったこと、辛かったことなどがあれば、その日のことをよく覚えていると思います。

ただ、誕生日ケーキを食べるだけでは、大した記憶にはなりません。

色んな出来事が複雑に絡み合ってこそ、記憶というのは、定着していくようにできているのです。

理想の相手のイメージも複雑

私は、一緒にいて落ち着く人が好きです。

ただ、先ほどお伝えしたように、過去の様々な経験から、「落ち着く人」が好きという答えができています。

もし、あなたが私のことを好きだとして、「私は一緒にいて落ち着くと言われます」に近い、自己PRだけをされたとしても心に響きません。

ですが、この記憶の仕組みを逆に利用して、「落ち着く人」を様々な表現に言い換えて伝えると、あなたのイメージが記憶に残りやすくなります。

具体的に「落ち着く人」を例にとって、自己PRを考えるとすると…

  • 沈黙でも苦にならない関係って素敵ですよね」
  • 「休日は本を読んだりゆっくり散歩したりします」
  • 「うるさいところよりも、静かなところが好きです」…etc

などと、相手との会話の中で、できれば回以上、自己PRをさりげなく忍ばせていけば良いでしょう。

こうすることによって、だんだんと、「落ち着く人」=「あなた」のイメージが関連づけられ、「好き」「愛」などの記憶が浮かびあがってきて、最終的には「好き」という感情があらわれやすくなります。

もちろん、言葉だけでなく、実際に落ち着く場所に行ったり、落ち着く趣味を共有したりするのも良いですね。

実際に、好きな人の理想の相手を聞いているのに、それに合わせようとする人は少ないです。

きっと、どうしたら良いかわからないからではないでしょうか。

また、好きな人も理想の相手に近い人を、具体的にイメージできていないでしょう。

ぜひ、好きな人の理想の相手のイメージが「あなた」になれるように、この方法を試してみてください。