無料お悩み相談はこちらからどうぞ

心の声を聞く方法とは!?

心の声のイメージ

あなたは思い描いたような人生を送れていますか。

もしそうでないとしたら、あなたの心の声が邪魔をしているかもしれません。

今回は、「心の声を聞く方法」と「心の声があなたにどのような影響を与えているのか」を分析していきます。

心の声を聞く方法

以前の記事で「あなたの行動に大きく影響している出来事」から、あなたに対する「ポジティブな影響」と「ネガティブな影響」を分析していただきました。

自分を知ろうとしているイメージ自分史を書く方法 ー応用編 ー

あなたの自分史を、ポジティブな口調で書き換えると、その出来事のポジティブな影響がわかるのでしたね。自分の人生を誇張するように書いていくと、ポジティブな心の声が聞こえてきます。

この記事の女性の例でいうと、「同級生と比較して抱いた劣等感を原動力にした話」が、心の声にあたりますね。

そのポジティブな心の声があるがゆえに、地元の誰よりも成功することができたのでしょう。

一方、その逆も同じです。

同じく女性の例でいうと、「父親に無視されて傷ついた話」が、心の声にあたりますね。

そのネガティブな心の声があるがゆえに、薄情な人や尊重してくれない人に対して、敵意がむき出しになってしまいます。

どちらかというと、あまり考えたくないことなので、ネガティブな心の声を聞く方が難しいでしょう。

ですが、あなたの中には、たくさんのネガティブな心の声があるはずです。

ネガティブな話というと、以下のようなストーリーが思い浮かぶかもしれません…

  • 周りの人と仲良くできなかった話
  • 自分の能力のなさに落ち込んだ話
  • 失敗を恐れ、チャレンジできない話
  • 周囲の期待に応えられなかった話
  • 孤独や見放されたと感じた話
  • 誰かに拒否されるのを恐れる話…

これらの話から、どんな心の声が聞こえてきて、あなたの行動にどのような影響を与えているのかを分析していきましょう。

心の声の影響力を理解する

上記でも参考例をあげましたが、「ポジティブな心の声」と「ネガティブな心の声」が聞こえてくる状況を、思い浮かべてみてください。

ポジティブな心の声が聞こえてくるのは、自信満々で何かをした時や、前向きな決断をした時かもしれません。

一方、ネガティブな心の声に邪魔されて、ここぞという時に行動できなかったり、自分の意見が言えなかったような状況もあるでしょう。

少しわかりづらいかもしれないので、以下のような状況で、心の声が背中を押してくれるか(ポジティブ)、足を引っ張るのか(ネガティブ)を考えてみてください。

  • 何か新しいことをしようと思い立った時
  • 好きなことに集中したり、やりたいことを見極めようとする時
  • 「これは自分にはできないかも」と何かを諦めそうな時

あなたに対する、心の声の影響力を感じてください。

ポジティブな声が強い人は、自分で自分を鼓舞し、ネガティブな声が強い人は、自分で自分をストップしてしまうのではないでしょうか。

心の声を自分史に書き込もう

上記の課題を取り組んでいく中で、どのような心の声が聞こえてきましたか。

その心の声も、自分史に書き込んでみてください。

例えば…

「その声があなたの行動にどんな影響を与えているのか」「その声があなたを助けてくれているのか」「その声が足を引っ張っているのか」

を基準していけば良いでしょう。

ここで重要なポイントは、「あなたが自分に対して意識を向けていくこと」です。

それは、ネガティブな口調を追い出そうとしたり、ポジティブな口調に変えようと意識を向けるということではありません。

このような声が、「あなたの行動にどう影響するか理解すること」が大切です。

特に分析していただきたいのが…

心の声がどうやって、また、なぜあなたを引き止めてくるのか

ということ。

そんなネガティブな話は、書きたくなかったり、考えたくもないと思います。ですが、ネガティブな心の声ほど、強い影響力があるので、ぜひ向き合ってみてください。

心の声がどのような影響を与えているか理解できれば、無意識に心の声に邪魔されなくなり、少しずつ思い描いたような人生を送れるようになるでしょう。


この記事では、あなたが自己分析しやすいように、あえてガイドしていますが、自分なりに心の声について考えてみてください。

その理由は、あなたを1番良く知っているのは、他ならぬ「あなた自身」だからです。

自分の能力を発揮したり、人生をより良くしたければ、たとえ面倒だとしても、ぜひ、現実の自分と向き合ってみてください。