無料お悩み相談はこちらからどうぞ

就職活動の面接で質問すべきこと

質問しているイメージ

あなたは、就職活動や転職活動をしている時に、何を基準に会社選びをするでしょうか。

知名度はもちろんのこと、出会った人たちの好感度で選んだり、雰囲気や社風が自分の価値観と一致するかどうかで選ぶ、といったところでしょうか。

また、知名度はなくても、裁量権があり成長できる会社を選ぶ人もいると思います。

残念ながら、この会社選びの基準だけでは、あなたの人生にとって最善とは言いきれません。

今回は、就職活動や転職活動の面接で質問すべきことについてご紹介します。

面接で質問すべきこと

就職活動の面接の最後に…

「最後に何か質問はありますか?」

と聞かれるのは、いわゆる「就活あるある」ですよね。

そして、次のような答え方が多いと思います。

  • 「ありません。ありがとうございます。」
  • 「御社で働いている人はどんな人が多いのでしょうか」
  • 「1日の仕事の流れをお伺いしたいです」…etc

などと、当たり障りのない質問をするか、気になっていることを単純に質問すると思います。

これからご紹介するのは、面接で効果的なのはもちろん(良い質問をできる人がいないから)、あなたの人生にとって最善の方法です。

多くの人は、希望する会社に入る前に、その会社の中心的な業務が何なのか、具体的にどんなスキルが必要なのか聞かれても、答えられません。

仕事で高い成果をだす為に必要なスキルは、多少の共通点はあるものの、仕事によって異なります。つまり、会社によって求められるスキルが違ってくるわけです。

1人の人間が、どんな仕事もそつなくこなすのはありえませんよね。例えば、コミュニケーションが苦手な人が、コミュニケーションスキルがかなり必要になる業務に携わると、不幸でしかないでしょう。

会社説明会に行き、様々な人に出会い、この記事の冒頭で述べたような会社選びをする人は多いですが、自分の長所を活かせる仕事なのかに注目する人は少ないです。

以前の記事で、自分の長所と短所を分析するスキルチェックシートをご紹介しました。

分析しているイメージ長所と短所を分析するスキルチェックシート

面接で質問すべきなのは、「あなたの長所」と「その仕事に求められるスキル」が合致しているかどうか確認することなのです。

例えば…

  • 「御社でトップレベルな人材になるには、どのようなスキルが必要なのか」
  • 「御社のトップレベルの人とそこそこ優秀な人との違いはどのようなところか」
  • 「御社にとっていま最も重要な業務とは何か?その為にどのようなスキルが必要とされるか」
  • 「この仕事内容から、御社で私が活躍する為に重要なスキルは何か」

さらに、この質問の全ての冒頭に、「私の強み(長所)は、〇〇なのですが…」と付け加えると、その印象はいかがでしょう。

あなた自身のアピールもでき、長所と仕事に求められるスキルがミスマッチしていないかの確認もできるでしょう。

今回は、一流企業を例にしましたが、あなたの長所と仕事に求められるスキルが合致しているかどうかは、意識してみてください。


今日では、大企業ですら倒産していく時代です。

会社に就職するのではなく、あなたの長所を最大限伸ばすことができる会社の「職種」に就職すべきでしょう。

良い質問が思いつかないなら、今回ご紹介した質問を試してみてください。