無料お悩み相談はこちらからどうぞ

リーダーシップの本質とは!?

リーダーのイメージ

あなたは、「リーダーシップって何?」と聞かれて、うまく答えられるでしょうか。

「リーダー」や「リーダーシップ」という言葉は、どちらも良く使われていますが、本質的な意味を知っている人は少ないでしょう。

人それぞれの解釈も、微妙に異なっていると思います。

今回は、仕事におけるリーダーシップの本質について、一緒に考えていきましょう。

リーダーシップの本質

リーダーシップ」という言葉を調べると、次のような意味が出てきます。

集団の目標や内部の構造の維持のため,成員が自発的に集団活動に参与し,これらを達成するように導いていくための機能。

引用元「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」

何となくですが、偉い人が集団を導いていくイメージがありますよね。

私がオススメする、リーダーシップに関する定義は、次の通りです。

リーダーシップとは、自分の信念をよく知っていて、その信念を貫くために勇気を振り絞って、正しい行動をとることができる能力のこと。その行動は、グループや組織の価値を高め、人々に良い影響を与えるようなものである。

この定義だったら、たとえ、管理職などの偉い人でなくても、あなたの身近に優れたリーダーがいるのではないでしょうか。

自分なりの信念のようなものがあって、その信念に従っている人。そして、誰かのために役立とうと努力している人。しかも、自分の役割を超えて、まるで会社の経営者のように行動している人。

こういう人ってキラキラしているように見えますよね。

一方で、管理職などの偉い人であっても、リーダーになりきれていない人がいます。

ある程度の管理はしているかもしれないですが、リーダーになる器がないような人です。

だからこそ、あなたがたとえ偉い人でなくても、行動次第で優れたリーダーになることができます。優れたリーダーとは、「置かれている状況の中で行動で証明するもの」なのです。

ちなみに、自分の信念がわからない人は、こちらの記事を参考にしてください。

信念なく仕事をしているイメージあなたは信念を持って仕事をしていますか!?

優れたリーダーになる方法

「優秀な人」と、それを超える「一流な人」との違いは、「リーダーの品格とリーダーシップ」を身につけているかどうかで決まります。

それらを身につけ、優れたリーダーになる方法を、簡単にではありますがご紹介します。

先ほどお伝えした、リーダーシップの定義と合わせて、考えていきましょう。

STEP.1
イメージする
あなたが尊敬している人を、1人イメージしてみてください。
STEP.2
アウトプットする
その人がとる行動の中で、あなたが高く評価していることを、ノートに書き出してみましょう。
STEP.3
分類
その高く評価していることを、「スキルに関すること」と「リーダーの品格やリーダーシップに関すること」に分類してみてください。(スキルに関してはこちらの記事を参考)
STEP.4
自己評価
上記で挙げた項目について、あなた自身のレベルを自己評価してみましょう。10点満点の評価で、5点が一般的に仕事で求められるレベル、10点が世界で通用するレベルを基準とする。
STEP.5
自己分析
①あなたが尊敬している人のように行動できないのはどうしてですか?②あなたが尊敬している人のように行動することを、後押ししてくれるものは何ですか。それぞれをノートに書き出してください。 

この演習を通じて、「あなたが一流の人になるにはどうすれば良いのか」という気づきを、具体的に得られると思います。

一流の人が優れているのは、何も生まれ持った才能だけではありません。仕事に「リーダーの品格とリーダーシップ」を取り入れ、スキルと情熱を発揮し、パフォーマンスを最大限にまで高めているのです。

あなたがどんな夢や目標を持っていても、それは変わりません。

あなたの能力、やる気、仕事へのスタンスが十分かどうか、リーダーの品格とリーダーシップには改善の余地があるのか、考えてみてください。

ちなみに、リーダーの品格とは、経営者マインドを身につけ、揺るぎない価値観や倫理観を持って、働くことを意味します。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

経営者のイメージ経営者マインドを身につける方法 仕事の価値観を分析しているイメージ仕事における価値観を診断しよう!! 倫理観を診断しているイメージ仕事における倫理観を診断しよう!!

リーダーになる人は、自分で手をあげるか、自然とリーダーになっているかの2択くらいかなと、私は思っていました。

だからこそ、「優れたリーダーは行動で証明する」という考えに、とてもハッとさせられました。

どちらの選択肢をとるにせよ、人々に良い影響を与えられるリーダーでありたいものですね。