無料お悩み相談はこちらからどうぞ

嘘を見破る方法とは!? ー 基礎編 ー

嘘のイメージ

誰もが嘘をついたこと、嘘をつかれたことがあるでしょう。

残念ながら世の中は嘘でいっぱいで、誠実な人より嘘つきの方が得をすることはたくさんあります。

嘘を上手く見破れるようになると、嘘に傷つけられず少しは生きやすくなると思います。

また、嘘を見破れるなんて、何だかカッコいい感じもしますね。

今回は、嘘を見破る為に知っておくべき事前知識について、詳しくご紹介します。

嘘つきの心理とは

以前の記事で、虚言症のような嘘をつく人の特徴は、虚栄心が強すぎるのが理由だとお伝えしました。

嘘の悪いイメージ大人の嘘つきは病気の始まり!?

また、嘘の多くは人付き合いや自身の保身の為につかれています。

ある調査によると、嘘のパターンで多いベスト3は、以下の通りでした。

予防線

予測できるトラブルを避ける為に、どこかに出かける時、目的や行き先を偽る嘘

その場逃れ

その場をしのぐ為に、やってしまった言動に対して聞かれた時、「やっていない」と事実と異なることを言う嘘

合理化

口実や言い訳の為に、約束を守れなかった時などに口にする嘘

他にも、見栄を張ったり、金銭的に利害が絡んでいたり、相手を傷つけない為の思いやりとして嘘をつく場合があります。

恋愛の場面でいうと、予防線やその場逃れは、浮気や不倫の場面でよく見受けられますね。

見破りにくい嘘つきの特徴

ただ、世の中には嘘をつくけれど、嘘をつくのが下手くそな人がいます。

嘘をつこうとすると、態度が不自然になったり、言葉が変になったりして、すぐバレてしまうので、ある意味で無害ですね。

しかし一方で、嘘をつくのが上手い人もいます。まるで嘘をついていないかのように自信満々なのに、話の内容がほとんど嘘という場合はよくあるので、やっかいです。

このような人に出会うと、その人達の都合の良いように、しかも気づかないうちに利用されてしまいますね。

一般的に、次のようなタイプの人の嘘は見破りにくいです。

お気楽な嘘つきタイプ

本来ならば、「嘘つき」な人は、嘘が得意ではありません。ですが、嘘をついてバレていくうちに、「もうバレてもいいや」と気楽に嘘をつくようになります。そして、嘘をつき続けていくにつれて、言動に不自然さがなくなっていき、嘘が上達することで、数ある「嘘つきな人」の中から「嘘が上手い人」が出てくるのです。

思い込みタイプ

本当は嘘なのに、自分でも嘘が嘘だと思っていないタイプ。以前に紹介した虚言症の人もこのタイプで、本人に嘘だという自覚はありません。話の内容に矛盾などがなければ、本人は本当のことと思っているので、嘘は見破れないでしょう。

罪悪感欠如タイプ

嘘が下手くそな人は、「ダメなことをしている」、「嘘をついている」という罪悪感のせいで、言動が不自然になっていると言えます。特にその罪悪感を感じない人は、その不自然さが出てこないので、嘘を見破りにくくなります。詐欺師などに見受けられる特徴です。

嘘を見破る方法とは!?

嘘を見破る為の最も重要な大前提は、「いつもの言動」をよく観察しておくことです。その「いつもの言動」が「いつもと違う言動」に変化したら、嘘をついている可能性が高いです。

その前提のもと、まずは話し方に集中します。

話の内容が矛盾していれば、誰でも嘘だとわかるし、嘘をついていると、何かしら話し方に不自然なところが出てきます。

それが感じられなければ、その後に仕草や表情などを観察していくといった流れです。

ある研究によると、言葉以外の人間のコミュニケーション能力は…

顔→手→足

という順番で優れていると言われています。

人の意思や感情が、表情に現れやすのは、普段の会話からでも、納得できる事実ですね。

しかし一方、嘘の特徴が出やすいのは…

足→手→顔

という順場で現れやすくなります。

これは嘘をつく立場になってみるとわかりやすいです。

あなたが嘘をつこうとすると、嘘を見破られないように、まずは顔から注意を払いますよね。

嘘が得意な人は、手の仕草も気をつけたり、上半身がぶれないように注意すると思います。

ですが、足の動きまではさすがに注意するのは難しく、つい本音が出てくるというわけです。


今回は、嘘を見破る為に知っておくべき事前知識についてご紹介しました。

この事前知識がないと、次回以降にお伝えする具体的な見破り方を、上手く活用できません。

直感的に嘘を見破れる人もいますが、こうして論理武装すれば自信に繋がりますね。

苦手だという人も、いつもの言動といつもと違う言動を観察するだけで、きっと見破りやすくなると思いますよ。