無料お悩み相談はこちらからどうぞ

LINEで好きな人と駆け引きするテクニック ー 応用編 ー

LINEで駆け引きしているイメージ

LINEで好きな人と駆け引きするなら、いつも使ってる言葉や文章構成を工夫してみましょう。

以前の記事で、相手の文面をマネると、好印象を与えやすいとお伝えしました。

LINEでやりとりしているイメージLINEで好きな人と駆け引きするテクニック ー 基礎編 ー

今回はもう少し踏み込んで、LINEの具体的な文章術を3つご紹介します。

言葉遊びで「好き」のイメージを与えよう

あなたの知り合いや友人で、「明るくてポジティブで一緒にいると楽しい人」がいると思います。

そういう人は、普段からポジティブな言葉や行動をしているからこそ、周囲に良い印象を与えていると言えます。

あなたも好きな人に、ポジティブで恋愛的な印象を持って欲しいなら、言葉の1つ1つに注意してみましょう。

ポイントは、以下のようなイメージを連想する言葉を選ぶことです。

好き・好意・愛情・ぬくもり…etc

私なりに具体例を挙げてみるので、あなたの言葉遣いの参考にしてください。

直接的な言葉

相手について色々と質問していると仮定して…

  • “好き”な食べ物/映画/漫画ってある?
  • 〇〇”愛”がすごいね
  • 〇〇するの”好き”なんだね

などと、会話の節々に「好き」という言葉をおりまぜていきましょう。

相手の好きな趣味

相手の趣味を事前に聞いていると仮定して…

  • 今月は”フットサル”の予定あるの?
  • 最近、面白い”本”あった?
  • オススメの”映画”教えて

などと、趣味に関する言葉は「好き」のイメージが浮かぶので、ちょこちょこ聞いていくのがいいですね。

特に、読書、映画、スポーツは、男性に人気な趣味でもランキングが高めなので、色々と聞いて、あなたもその趣味に触れてみて、話題作りすると良いでしょう。

そうすると、会話も長続きすると思います。

MEMO
他にも、「ご飯行こう」よりも「ご飯付き合って」と、「付き合う」イメージを連想させたり、色々と言葉遊びできますよ。このようなテクニックを「喚起法」と呼びます。

文章の後半に気をつけよう

日本人特有の性質として、文章の後半に意識がいき、記憶に残りやすい特徴があります。

物語なども、「起承転結」と言われるように、結果は最後にきますよね。

したがって、LINEでの会話の後半に、伝えたいことを持ってくると良いです。

これは「クライマックス法」と呼ばれています。

具体的な文章で見てみると…

「今週、会えるの本当に嬉しい。良い感じのイタリアンを見つけてさ、ピザが美味しいから楽しみにしてて。」

この文章を見てみると、「ピザが美味しいのかどうか」という印象が残りやすくなりますね。

この文章を逆転してみると…

「良い感じのイタリアンを見つけてさ、ピザが美味しいから楽しみにしてて。今週、会えるの本当に嬉しい。」

こちらの方が恋愛っぽく聞こえますね。

あくまで例文で下手くそかもしれませんが、このように伝えたいことや、印象に残したいことは、文章の後半に持ってくるよう心がけましょう。

MEMO
ちなみに、このクライマックス法を使う以前のやりとりで、先ほど紹介した「喚起法」を使用し、「好き」などのポジティブなイメージをすりこんでいくと、なお効果的です。

NOと言わせないデートの誘い方

以前の記事で、NOと言わせないデートの誘い方をご紹介しました。

恋してるイメージLINEやメールでNOと言わせないデートの誘い方

「AとB、どっちが良い?」という誘い方をすれば、NOと返されるような選択肢を省き、相手の思考回路を2択に絞ることができましたね。

例えば、LINEである話題について盛り上がったとして、次のような誘い方をすると良いでしょう。

「会ってもっと話したい!◯日か、◯日、空いてない?それか、来週だったらいつでも大丈夫!」

ここでは、AとB以外にも「来週だったらいつでも」と書いてるのがポイントで、AとBがダメでも、最後の選択肢から空いてる日を探す、という思考回路に誘導できます。

ちょっと腹黒くて強引なやり方ですが、ぜひ試してみてください。


このように、何気なくやりとりしているLINEにも、たくさん工夫する余地があります。

1番ダメなのは、「不器用だからできない」と思考停止に陥ることです。

良い人と出会い、良い付き合いをする為には、それなりの努力を伴うことを忘れないでください。