無料お悩み相談はこちらからどうぞ

好きな人を落とす方法とは!?

好きな人がいるイメージ

好きな人を落とす方法は、親しい人にしか言わないような、プライベートな話をどんどん引きだすことです。

あなたは、過去の恋愛や育った家庭環境について、気軽に他人へ話そうとするでしょうか。

きっと、親友や恋人などにしか話そうとはしないはずです。

そんな深い話をしてもらえるようになったら、あなたは好きな人にとって親友や恋人に近しい関係と言えるはず。

今回は、好きな人と親しい関係になる為に、どのようにプライベートな話を引きだしていくかを詳しくご紹介します。

自己開示の法則を利用しよう

以前の記事で、好きな人の情報を引きだす為には、まずは自分から話すことが重要だとお伝えしました。

質問するイメージ好きな人に質問攻めせずに知りたいことを上手くひきだす方法

この「自己開示の法則」を理解しているという前提で、今回は話を進めていきます。

冒頭でお伝えしたように、プライベートな話は、親友や恋人など親しい関係の人にしか話しません。

脳は意外と単純にできていますから、プライベートな話を引きだせば引きだすほど、「この人とは親しい関係のはずだ」と勘違いしてくれます。

この心理を利用し、プライベートな話を引きだすように努めましょう。

好きな人を落とす具体例

具体的には、恋愛、家族、仕事などについて、プライベートな話を引きだしていきましょう。

いかに好きな人と、深い話をできるかがポイントです。

私なりに情報の引きだし方を考えてみたので、あなたの引きだし方の参考にしてください。

下記の参考例は、自己開示の法則を「相手の話を引きだす誘い水」のように活用しています。突然、自分の話をしだして不自然かもしれませんが、全く問題ありません。

逆に、「実は私は…」などど、丁寧に説明をしだすと、重い悩み相談みたいになってしまうので注意してください。

あくまで誘い水ですから、相手が反応しなければ、そのままスルーしても大丈夫です。

恋愛のケース

失恋の話

あなた  「最近、彼氏と別れたんだ…」

好きな人 「えっ、そうなんだ。なんで?」

あなた  「あまり上手くいってなかったんだ。〇〇さんは?」

好きな人 「俺はずっと彼女いないわ。」

あなた  「そうなんだ、モテそうなのに。元カノとは何が理由で別れたの?」

好きな人 「いやー、仕事を優先しすぎてさ。月に1回くらいしか会わなくて。」

あなた  「そうなんだ、彼女も大事だけど、将来的に仕事も大事だもんね。」

好きな人 「悪いことしたなって思ってる。けど、将来の家庭の為に仕事も頑張らないとな。」

あなた  「意外に真面目なんだね。ちゃんと将来のこと考えてるんだ。」

好きな人 「幸せな家庭を築く為には、お金と時間に余裕がないとね。」…続く

最初は、失恋の話から初めて、好きな人の恋愛観や結婚観を聞くことを目的にすれば良さそうですね。

あくまで会話例ですが、相手は「ずっと彼女がいない」「仕事を優先している」「お互いの時間を尊重してくれる人が好み」「理想の結婚観がある」など、周辺情報もたくさん引きだせています。

家族のケース

育った家庭環境の話

あなた  「ああいう幸せそうな家族、憧れるなぁ!」

好きな人 「良いよね。休みの日とか家族と遊びに出かけるの。」

あなた  「うんうん。重くとらないでほしいんだけど…私、母子家庭でさ、ああいう経験ないんだ。」

好きな人 「そうなんだ。俺もだ。」

あなた  「え?そうなの!?色々と大変だったでしょう…」

好きな人 「けっこう大変だった。そんなにお金もなくて貧乏だったから。」

あなた  「苦労してたんだね。お母さんはどんな人?」

好きな人 「女手ひとつで育ててくれたから、やっぱりしっかりしてて根性あるよ。」

あなた  「お母さん大好きなんだね。お互い、いつか恩返ししたいね。」

好きな人 「そうだね。本当に世話になったしな。」…続く

家族の話は、自然と深い話になっていきますね。家族と上手くいってるか、どんな家庭環境で育ったかなど、たくさん聞けることがあると思います。

あなたも家族の話なんて、本当に仲の良い人にしか話さないのではないでしょうか。

仕事のケース

人間関係の話

あなた  「仕事、忙しくて大変だぁ〜」

好きな人 「そうなんだ。何が大変なの?」

あなた  「ちょっとした人間関係がめんどくさくて、気を遣って疲れる。〇〇さんは?」

好きな人 「俺も上司が仕事できない割に偉そうで、色々と無駄な報告とかあって、めんどくさいんだよね。」

あなた  「いるよね、そういう上司。我慢するのも大変でしょ。ストレス溜めてない?」

好きな人 「大丈夫。色々、仕事は大変だよね。」

あなた  「うんうん、わかる。けど、そういうの溜めると良くないみたいだから、言ってもらえた方が嬉しい。私も言うし!」

好きな人 「うん、ありがとう。実はさ。」…続く

仕事のことで悩んでいない人の方が珍しいですね。特に男性は、同性に悩み相談をする事が少ないので、情報を引きだしやすでしょう。

あなただけに愚痴を言ってもらえるようになれば、しめたものです。

好きな人の弱い部分をフォローする

これらの話をしていると、好きな人の本質的な部分が出てくるでしょう。

特に恋愛の話には、結婚観や仕事とのバランスも絡んできますし、生き方などの価値観も明らかになるので、あなたとの心の距離を近づけることができます。

例えば、過去の失恋の話をしていると、自分のどこに自信がないか何に傷つきやすいかがわかると思います。

そこを丁寧にフォローしていくことで、信頼を得ることは可能です。

具体的に、失恋の話を聞いた時には…

「へえー、そうなんだ、気にすることないよ」

で終わらせずに、好きな人の弱い部分が出てくることがあるので…

「うん、その気持ちわかる。私も実は同じような経験をして…」

などと相手の弱さを受け入れて、支えてあげることが重要です。

そうすると、「あなたを支えて守ってあげる」という想いが伝わると思います。

他にも、「本当に心から好きな人と出会うのって難しいよね」と寄り添ってあげるような言葉も良いです。

自分の弱い部分をさらけ出すのが、苦手な人は多いものです。

こうやって、好きな人の弱い部分までフォローできれば、あなたは親友や恋人のように、相手の心の奥深くまで、入り込むことができるでしょう。


このように、自己開示の法則を利用して、好きな人のプライベートな話をどんどん引きだしてください。

引きだせば引きだすほど、好きな人と特別な関係を築くことができます。

私はこの方法が、好きな人を落とす為の最も重要なコツの1つだと信じています。