無料お悩み相談はこちらからどうぞ

経営者マインドを身につける方法

経営者のイメージ

あなたは普段から、経営者になったつもりで働いていますか。

最近よく「自分の仕事しかしない」という人を見かける気がします。

他にやりたいことがあったり、過労にならないように、仕事をセーブしているのなら良いと思います。

ですが、優れたリーダーになる為には、経営者になったつもりで働くことが必要不可欠なのです。

今回は、そんな経営者マインドを身につける方法をご紹介します。

経営者マインドとは

あなたの能力を発揮するために、強力な武器となるのが経営者マインドを身につけることです。

ただ、経営者のように働くのは、簡単なことではありません。

以前の記事で、リーダーシップの本質についてご紹介しました。

リーダーのイメージリーダーシップの本質とは!?

この記事の中で…「リーダーシップとは、自分の信念をよく知っていて、その信念を貫くために勇気を振り絞って、正しい行動をとることができる能力のこと」と定義させていただきました。

また、その自分の信念を見つける1つの手段として、「経営者(意思決定者)になったつもりで、自分だったらどのように判断するのかを考えること」が大切だと、お伝えしました。

信念なく仕事をしているイメージあなたは信念を持って仕事をしていますか!?

今回は、この「経営者のように振る舞う方法」について、詳しく分析していきましょう。

さっそくですが、次のような経営者マインドが身についているのか、確認してみてください。

自分にとっての損得とは関係なく、他人をサポートしてあげること。

たとえそれが、あなたの仕事ではなかったとしても、「周囲の人の生産性向上をサポートする」という項目を、あなたの仕事に付け加えよう。
具体例
あなたが営業として働いていて、少し余裕ができた時に、いつも手伝ってくれる事務職のお仕事を手伝ってあげたり、同僚に効率のよい仕事の仕方を教えてあげよう。

周囲の人を認め、褒めることを学ぼう。

人間には本能として、承認欲求がある。あなたが不安を克服したり、自信を持つことで、他人に認められたい、褒められたいという欲求を客観的に捉えることができる。あなたの実績だったとしても、他人に花を持たせることで、あなた自身もより良く魅せることができる。
具体例
あなた自身が、どんなに成果を出していたとしても、周囲のサポートは必ずあるだろう。あなたの成果は、すでにみんなが知っている。そこで、サポートしてくれた人に感謝することで、その成果で得られる印象以上に、良い印象を与えることができる。

自分の為だけでなく、他人や組織にも役立つのかどうかを考え、行動を決断しよう

良い仕事をする、仕事で結果をだすには、win-winな関係が望ましい。良い組織であればあるほど、双方に利益が得られる仕事が求められる。
具体例
短期的な利益をあげるには、自分(自社)の利益を最優先すれば良い。だが、長期的な利益を得たいなら、自分と顧客が得するような仕事のやり方がベター。

当事者同士だけでなく、責任者のことも気にかけよう

自分の仕事を幅広くとらえ、自分と顧客だけでなく、上司やそのまた上司が直面する問題までイメージして、仕事をしよう。
具体例
自分の仕事の進め方は、自分が一番よく知っている。だが、他人はあなたの仕事の進め方がわからない。一般的に、個別の案件を上司に報告しているだけの人が多い。ただ、上司もそのまた上司に報告義務がある。面倒だが、彼らがわかりやすいように全体像を示してあげるのも、あなたの仕事としてとらえよう。

これらの経営者マインドは、あまりにも理想的で誠実すぎる働き方かもしれません。そんなに現実は、甘くないかもしれません。

ここで大切なのは…

最後に勝つのは、正義や公正さだと信じる

ということです。

あなたの周囲にいる、尊敬できるリーダーも、映画やアニメで出てくるリーダーも、上記のような項目に、ほとんど当てはまっているはずです。

リーダーとは何なのか、経営者とは何なのか、きちんと教えてくれる会社は、ほとんどありません。

ですが、このような経営者マインドを身につけるのが望ましいと、うだつのあがらない上層部の人々でさえ、「暗黙のルール」として、その必要性を感じているでしょう。

だからこそ、明文化されていないものの、昇給や昇格などに関係してくるということです。たとえ、あなたが会社に属していなくても、経営者としての資質は必要になってくるでしょう。

ただ、人それぞれ仕事の環境が違うので、上記のような経営者マインドは、あいまいな参考例にすぎません。

この方法を実践するときは、あなた自身が状況に合わせて適切に判断し、具体的にどのような行動をとるのか、自分ルールのようなものを作成していきましょう。


あなたは全ての経営者マインドを身につけていましたか。

優れたリーダーになる為の明確なガイドラインはありませんが、上記のような経営者マインドは、みんながイメージするリーダー像に、近いものはあると思います。

ぜひ、みんなに愛される優れたリーダーになってください。