無料お悩み相談はこちらからどうぞ

自信のなさを克服する成功体験の積み重ねと自分の個性を知る方法

成功しているイメージ

自分に自信がある人」が優れていて、「自分に自信がない人」が劣っている。世の中にそんなイメージはないですか。

私は自分に自信がなくても全く問題ないと思います。

なぜなら、人によっては「自信がある人」が苦手であったり、「自信がない人」=「慎重な性格」=「信頼できる性格」とポジティブに捉える方もいるからです。

という理屈を言っても、やはり自分に自信をつけたいですよね。

私は「自分に自信がない人が、時には不安を感じながら、少しずつ自信を身につけていく」といったパターンが最も良い流れだと信じています。

今回は、自信と不安のバランスをとる重要性と、自分に自信をつける2つの方法についてご紹介します。

自信のメリット・デメリット

まずは、「自信がある人」と「自信がない人」に関するメリットとデメリットをご紹介します。

自信がある人の特徴

メリット
自分に自信がある人は、楽観的で、成功体験を重視し、失敗してもあまり気にしません。考え方が前向きなので、成功すればするほど、自信を深めていくでしょう。
デメリット
自信が過剰だと、失敗を認めず、過小評価する傾向が強くなります。間違った方向に向かってしまうと気づきづらく、取り返しのつかない大失敗をしてしまいます。そして自信をなくすと、再起不能という事態も十分にありえます。

単純に、自信がある人が挫折をして、自信がない人に変わるわけではありません。文字通り、精神的に崩壊してしまう人もいるのです。

ここでお伝えしたいポイントは、自分に自信があることが、必ずしも良いことばかりではないということです。

自信がない人の特徴

自分に自信がない人は、自信のある人の逆の特徴があると考えてください。

メリット
失敗やリスクに気を遣えるので、いつも客観的に自分を見つめることができます。また、致命的なダメージを防ぐためにも、チームにはなくてはならない存在です。
デメリット
何事にも気後れしてしまう傾向があります。そのため、成功へのチャンスも見逃しがちです。失敗すればするほど、悲観的になり、負のスパイラルに陥ってしまいます。

悲観的になり、負のスパイラルに陥らないためにも、「自分に小さな自信をつけること」が必要になるでしょう。

落ち込んだり、精神的に不安定になりやすい方は、ここがポイントだと思います。

自分に自信をつける2つの方法

さて、いよいよ本題ですが、自分に自信をつける2つの方法をご紹介します。

小さな成功体験を積み重ねる

自分の行動が周囲に認められたり、褒めれれたり、「やったー!」と言える小さな成功体験を何度も積み重ねてください。

子どものころにいろんなチャレンジをした人は、自分に自信が持てるようになると言われています。これは大人になっても当てはまります。

ですが、学校、家庭、仕事で成功体験を積み重ねるのは、なかなか難しいですよね。

しかも、人間というのは、現実の自分に対して、大きな目標や理想を抱きがちです。そのギャップを目の前にした時に、自信をなくすことがよくあります。

ポイントは、「どんなに小さな成功体験でも良い」ということです。

例えば、簡単な習い事を始めてみるのも良いでしょう。きっと先生は、あなたをたくさん褒めてくれます。

SNSで好きなことや得意なことを、自己発信も良いかもしれません。全く知らない人の「イイネ」や「コメント」も小さな成功体験です。

(私も記事が面白いと言っていただけるだけで嬉しいし自信になります。)

どんな目標でも良いので、小さな成功体験を積み重ねてください。

私自身もいつも大きな目標を設定しがちで、心が萎えてしまうことが多いので、本当に小さなことで良いですよ。

それを何度も何度も繰り返してください。そうすると、あなたに「できること」がどんどん増えてきて、小さな自信につながっていきます。

MEMO
これらの成功体験を、心理学用語で「アハ体験」と呼びます。これ以外にも、誰かを応援したり、褒めたりするのも同様な効果があります。

自分の小さな個性を知る

自分に自信がない方は、自分の個性を見つけていない場合が多いです。

実際に「自分に個性なんてない…」と思われている方もいるかもしれません。そんなことは絶対にありません。誰でも個性を持っています。

個性だと気づいていないだけで、自分の性格をネガティブなイメージで捉えているにすぎません。それが、短所だったとしても、見る角度を少し変えてみてください。

例えば、社交的な人というのは、話すのが得意で、冗談やお世辞もうまい人だと思います。一方、あなたが「自分は社交的ではなく、消極的な人間だ」と考えたら、そこで個性は消えてしまいます。

ここでは、「誠実で中途半端な嘘をつけない人」と捉えなおすことができます。

さらに、「社交的なのが良い」と思わない方もいることを忘れないでください。あなたのその個性を「信頼できる人間」だと評価する方もいるのです。

案外、自分が短所だと思ってるところが個性だったりします。

世間的に良くないとされてるから、「この性格は短所なんだ」と洗脳されているだけなのです。だから、もっと自分の個性に自信を持ってください。

私は人と話すのが得意なのですが、友人は消極的で内気な方ばかりです。内向的だからこそ、趣味なども個性的で面白い人が多いという印象です。しかも、狭く深い人間関係を好むので、人として信頼できます。あなたが短所だと感じている側面も、捉える人によっては長所に十分なりえます。

「小さな成功体験を積み重ねること」「小さな個性を知っていくこと」の大切さが伝わりましたでしょうか。

この「小さな」が本当に大切なポイントです。大きな理想を抱いて、現実の自分とのギャップに気づいた時に、自分に自信をなくす方はかなり多いです。

小さな勇気を振り絞って、小さな行動を繰り返し、自分に小さな自信をつけていってください。