無料お悩み相談はこちらからどうぞ

仕事にやる気が出ない理由はなぜだろう!?

やる気がでなくて悩んでいるイメージ

現在の仕事にやる気がでなかったり、能力を十分に発揮できない理由はなぜでしょう。

お金持ちでない限り、私たちは働き続けなければならないので、それって幸せな状態ではないですよね。

今回は、仕事にやる気がでない理由を分析し、その対策を一緒に考えていきましょう。

仕事にやる気がでない理由

以前の記事で、年齢ばかり気にして仕事をすることのデメリットについてお伝えしました。

歳をとっているイメージ年齢ばかり気にして仕事をしていませんか!?

時間を意識しすぎると、現在の仕事に集中できなくなり、現在の仕事にかける時間と精神力を浪費してしまうのでしたね。

今回は、もう少し仕事にやる気がでない理由を探っていこうと思います。

さっそくですが、次の質問に対する答えをノートに書き出してみてください。

あなたはどうして、現在の仕事でやる気がでなかったり、能力を十分に発揮できないのですか。

やる気がでなかったり、良い結果を出せない問題点や理由などを、言語化していきましょう。

私の例が参考になるかは微妙ですが、「会社員の時」と「起業中の時」に行った分析結果をご紹介します。

会社で営業をしていた時

分析結果
将来的に辞めるとわかっていたから、現在の仕事にやる気が湧かなかった。それに、上司などから何かを吸収しようとしたが、尊敬できる上司に出会えなかった。仕事自体もアナログな仕事ばかりで、かなり時代遅れなやり方をしているので、不満ばかりが募っていた。しかも、どんなに仕事を頑張っても、給料が変わらないし、モチベーションもあがらなかった。

そこで、どうすれば良いか自分なりに考えたのですが…

対策
「将来的に辞める」のではなく、「半年後に辞める」という期限を作ろう。確かに、上司や仕事自体から学べるものが少なそう。けれど、辞める前に営業を極めてみるという視点はどうだろう。給料は変わらないが、会社員として最後の半年間頑張ると考えると、モチベーションも上がりそうだ。
MEMO
もし、あなたが仕事自体で悩んでいるなら、社内ではなく社外に目を向けて、情報収集するのもありでしょう。同じく、社内の人間関係に悩んでいるなら、いつでも辞められるスキルを身につけるか、社外に所属できるコミュニティーを作るのも良いでしょう。

プログラミングを勉強していた時

分析結果
起業当初、WEBサービスを作ろうとプログラミングを勉強していた。失敗を恐れて、とにかく事前準備ばかりしてた。完璧な状態で、WEBサービスを作りたかったんだけど、100点ばかりを求めていると、勉強がうまくいかない時に「うわぁー」と落ち込んで、やる気が無くなっていた。行動力や実行力が後手後手になってしまい、だんだんと萎えて努力しなくなり、最終的には挫折してしまった。

この経験から学んだことは…

対策
事前準備というのは限りがないこと。失敗を恐れていると、完璧主義になりがちなこと。他人よりも優れた自分でいたいという劣等感や虚栄心も関係していること。などを自覚しないといけない。そして何よりも、考えてから行動するのではなく、行動しながら考えることが大切だと気づいた。
MEMO
何かを始めようとする時に、色々とリスクばかりが頭をよぎって、完璧の状態になってから始めようと思っちゃいますよね。けれど、たとえ100点じゃなくても、意識的に「行動すること」に意識を向けないと、いつまでたっても進まないのです。

やる気がでない理由や、能力を発揮できない理由は、人それぞれだと思うので、あなたなりの答えを見つけてみてください。


「仕事イヤだなぁ〜」「仕事やる気でないなぁ〜」などと考えるだけでは、ずっと憂鬱な日々が続いてしまいます。

私たちは、かなり多くの時間を、仕事とお付き合いしていかなければなりません。

仕事さえ楽しければ、ずっと人生はより良いものになっていくでしょう。