無料お悩み相談はこちらからどうぞ

自分史を書いていくメリットとは!?

自分のことを考えているイメージ

あなたはどのような人生を送ってきましたか?

あなたが今まで経験してきた自分の歴史、いわゆる「自分史」を書くことは、人生をより良くしていく為に重要です。

今回は、そんな自分史を書いていくメリットをご紹介します。

自分史を書くメリット

今までの記事で、あなたの能力を発揮し、より良いキャリアを築いていく為に、「スキル評価」と「本当にやりたいこと」を分析していただきました。

そして、これから複数回にわたって、今までの人生を見つめ直し、過去の経験があなたの性格にどのような影響を与えているのかを分析していきます。

私たちは、自分のことを知っているようで知りません。もし、自分のことを詳しく知っていたら、自分を上手くコントロールでき、すでに夢や目標などを実現しているはずです。

今回のテーマである自分史を書くメリットとは…

自分の理解が深まれば深まるほど、自分をコントロールしやすくなり、夢に近づくための行動がとりやすくなる

ということです。

また、あなたの行動には、すべて意味があります。

誰にでも個性的な人生エピソードがあって、あなたが過去に経験してきたことは…

あなたの感情、物事への捉え方、個性、思いこみ、弱さ

へ大きな影響を与えているのです。

だからこそ、あなたが「自分史」を書いていくことで、あなたの行動に隠された意味(どうしてそのような行動をしてしまうのか)がわかるということです。

個人的に、他人を変えることはかなり難しいと思っています。

なぜなら、自分自身のことを知らない相手は、行動パターンを自覚していないので、あなたが変えようとしても「その原型」が、そもそもわからないからです。

それよりも、自分自身を知り、自分をコントロールし、人生経験が行動にどのような影響を与えているかを分析し、自分を変える方が簡単でしょう。

その為にはまず、人生の物語をノートに詳しく書いていく必要があります。そうすると、自分という人間を理解し、自己認識を高めることができます。

詳しいやり方は、別の記事でご紹介しますね。

自分がわからないことのデメリット

現在のあなたは、過去の経験から形成されているのと同時に、未来をより良くする可能性でいっぱいです。

ですが、自分の人生をより良くしたり、キャリアの発展につながるような行動をとれず、つまづいたり悩んだりしているのではないでしょうか。

ポジティブで前向きな行動をとりたいのに、「どう行動すれば良いかわからない」といった気持ちはすごくわかります。

これも、自分史を書いていくことで解決策が見つかるでしょう

言い換えると、自分を知る努力をしないと、解決策が見つかりにくいということです。

他にも、「こんなことをしてはいけない」と頭ではわかっていても、後で後悔してしまう行動をとってしまう人もいます。

例えば…

  • つい怒ってしまう
  • 小さいミスを認めようとしない
  • 反対意見があるのについ同調してしまう

これも、自分を深く知れば、どういう行動パターンにおちいりがちかが把握でき、対策がうちやすいということです。

それほど、「自分史」を書いていくことは、人生において重要なのです。


自分を知るということは、一生をかけて努力していかなければなりません。

あなたは現在進行形で、たくさんの経験をしているからです。

いつかその努力が実を結べば、あなたの希望通りのキャリヤや夢を実現できるでしょう。