無料お悩み相談はこちらからどうぞ

彼氏や彼女のタバコを辞めさせる方法とは!?

禁煙のイメージ

恋人のタバコを辞めさせるには、「許容語」というものを使うのが効果的です。

彼氏や彼女の健康を気遣ったり、自分自身がタバコの匂いが苦手であったり、辞めさせたい理由はたくさんあると思います。

今回は、もちろん100%と言えませんが、少しでも説得力をあげる方法をご紹介します。

タバコを辞めて!は逆効果!?

突然ですが、あなたは恋人に下記のように説得していないでしょうか。

  • 「タバコは健康に悪いから辞めて!」
  • 「タバコは健康に悪いから辞めるべきだって!」
  • 「タバコは健康に悪いから辞めなきゃ!」

「健康に悪いから」と言うのは、私が適当につけた理由ですが、問題は「〜なさい」「〜すべき」「〜しなければならない」というニュアンスの言葉遣いです。

実は、人間って「義務」や「禁止」をおしつけられると、「反発」するようにできているんですね。

したがって、上記のような厳しい言葉ではなく、許容するような言葉を活用した方が、より効果的に説得することができます。

許容するような言葉というのは…

「〜できます」「〜できるでしょう」「〜かもしれません」

などがあげられます。

これを具体的に活用するなら…

  • 「意志が強いから、やめられるよ!一緒に頑張ろう!?」
  • 「早死にされたくない。一緒に頑張ったら、辞められるでしょう?」
  • 「タバコを吸って、早死にされると悲しむかもしれない…」

前後の文脈はあくまで例なので、あなた好みにアレンジしていただければと思います。

親に「勉強しなさい!」と強制されるよりも、「あなたは勉強ができる!」と勇気づけられた方が、確実に説得力がありますよね。

人を説得したいなら強制や命令をしないというのが、ポイントになります。

ちなみに私は、恋人に泣きながら「タバコを吸って早死にされると悲しむかもしれない」「両親はタバコを吸う人が苦手で、バレると嫌われるかもしれない」と伝えられ、禁煙外来に行って辞めました。1日1箱以上を10年続けていたので、今でも驚きです。

この許容語を使う方法は、あくまで一つの方法に過ぎないでしょう。

あとは「パブリックコミットメント」させたり、いろんな方法論があると思います。

タバコは明らかに健康に良くないので、少しでも辞める方向に説得できれば嬉しいです。