お悩み相談はこちらからどうぞ

本当の人間関係を築く方法

本当の人間関係のイメージ

あなたは、ふとした瞬間に、孤独を感じたりしませんか。

友人と呼べるような人はそれなりにいるのに、何でも素直に話せる親友は少ないなと感じる時ってありますよね。

人間関係自体、わずらしいなと感じる人も多いと思います。

ただ、本物の人間関係は、人生をより良くしていく為に必要です。

今回は、本当の人間関係を築く方法について、ご紹介します。

人間関係に孤独を感じていないか

あなたの人生を悩ませる障害になっているのは、ずばり「孤独」です。

人生がうまくいかないのは、あなたの能力不足でも、運が悪いからでもありません。

ただ孤立していて、自分自身の全体像を見渡せないからです。恋愛、仕事などでひどく悩んでいるのに、1人で孤立していたら、なかなか解決する糸口が見つかりませんよね。

人間関係に孤立していると、次のようなデメリットがあります。

  • 自分自身を客観的に分析できなくなる
  • 物事を正確に分析できなくなる
  • 判断を誤りやすくなる
  • 自分自身や世の中の物事を誤って解釈する…etc

これらのデメリットを解消するのに必要なのが…

「人との結びつき」

なのです。

あなたは、SNSなどでたくさんの人と繋がっているし、人との結びつきなんて簡単に得られると思っているかもしれません。

ですが、それは本当の結びつきなのでしょうか。悩んだりした時に、頼ることができる強い関係なのでしょうか。

私たちには、自分のプライベートなことでも、包み隠さずに話せる数人の仲間が必要なのです。

人間関係とは何か

あなたは、「信頼関係ってどういう意味?」と聞かれて、どんな関係をイメージするでしょうか。

大好きな親友との友情関係、大好きな恋人との恋愛関係といったところでしょうか。

少なくとも、ある程度、「人として好意がある関係」をイメージしますよね。

ですが実際、人との関係には様々な種類があり、有益な関係を築くには、次の3つの要素が必要になってきます。

「相互理解」「信頼」「尊敬」

試しに、思いつく人だけで良いので、これらの性質を「備えた人」と「備えていない人」に分類してください。

そのリストに載った人と、リストから外れた人を見比べてみてください。

特に、リストから外した理由を考えてみましょう。

参考までに、外した理由に関する例を挙げておきます。

  • 信頼できないから
  • 誰かに秘密を打ち明けられそうだから
  • その人をよく知らないから
  • その人を尊敬できないから

人として好意を抱いているのにリストに乗らなかったり、一方、好意を抱いていないのにリストに載った人がいたのではないでしょうか。

人との関係には、「友情・愛情・好意」などは、必ずしも必要ありません。

例えば、上記の要素を満たした仕事仲間の方が、自分のプライベートな話がしやすい場合があったりしませんか。

人間関係の築き方

先ほとお伝えした、「相互理解・信頼・尊敬」の要素を満たした、人間関係の築き方をご紹介します。

次の3つのステップを試してみてください。

自己開示する

あなたのことを深く理解してもらう為に、相手にあなたに関する情報を伝えよう(できればプライベートな話が望ましい)

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

質問するイメージ好きな人に聞きたい事は、まず自分からその話をすると良い!?

相手に質問する

相手をよく知る為に、質問する

基本的には、5W1Hを使用して質問すると良いでしょう。

5W1Hとは、いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)、という効率よく情報を伝えるのに良いとされる、6つの要素のことです。

5W1Hを使用し、内容を掘り下げていくと、情報をわかりやすく、もれなく整理することができます。なぜ(Why)を問いかけ続けるだけでも、十分の効果があります。

アドバイスを求める

あなたにとって大切な問題について、アドバイスを求めましょう。また、相手が困っていたら、アドバイスをしてあげましょう。特に、不安なことや自信がないことなど、「自分の弱さ」について積極的に相談しましょう。

弱さを見せるところがポイントです。どんなに小さなことでも、「誰かに頼られること」は、悪い気がしないものですから。

これらの3つのステップは、人間関係を築いていく基礎です。

とても当たり前なことですが、自己開示やアドバイスを求めるのが、苦手な人が多いのではないでしょうか。


昔に比べて、ずいぶんと人と出会える機会が多くなりました。

ですがその分、周囲の人もいろんな人と出会っていて、浅くて広い関係になりがちです。

自分の人生をより良くする為にも、本当の人間関係を築いていってください。