無料お悩み相談はこちらからどうぞ

仕事内容が変わる度にスキルチェックをしよう!!

スキルをチェックしているイメージ

あなたは仕事内容が変わる度に、「新しい仕事に求められるスキル」と「自分のスキル」を比較していますか。

とても優秀なのにも関わらず、昇進したり、仕事内容が変わると、急にイライラすることが多くなり、悩みがちになってしまう人をよく見かけます。

その原因は、仕事で求められている役割をきちんと把握していないからかもしれません。

今回は、仕事内容が変わる度に、求めらるスキルをチェックする大切さについてご紹介します。

3つの最重要タスクを分析

さっそくですが…

あなたは現在の仕事を円滑に進めたり、成果を出していく為に、人並み以上の能力が必要な最重要タスクを3つ挙げられますか。

その答えをノートに書き出してみてください。

例えば、あなたが部下を率いる管理職なら…

  • 対人関係に関するスキル
  • 分析力
  • 物事をまとめ体系化する能力
  • 他人に仕事を任せる能力
  • 人間関係を築く能力
  • 指導力
  • 物事の本質を見極める能力

などから3つを選ぶ必要がありそうですね。

スキルについて参考例が必要な場合は、こちらの記事をご覧ください。

分析しているイメージ長所と短所を分析するスキルチェックシート

やる気もあり、仕事もできるのに、自分の能力を存分に発揮できていない人には、共通の原因が見られます。

その原因は、たとえ自分にあった仕事をしていたとしても、「そのチャンスを活かすにはどうすべきなのか」をきちんと分析していないからです。

このような人は、仕事ができない人が周りにいたり、役職がついて仕事内容が変わった時などに、イライラしたり、悩みがちになってしまいます。

また、やりがいのある仕事を求め、何度も転職を繰り返したとしても、どの仕事でもなかなか能力を発揮できません。

そして、それらのはっきりとした原因がわからず、もやもやした憂鬱な毎日を過ごしてしまうのです。

どうしてわからないかというと、上記で挙げたような質問を、日頃から考えて分析していないのが原因の1つだと考えられます。

特に、次のような場面で、あなたの業務に関する分析が必要になるので注意してください。

  • 現在の仕事に対する業務分析
  • 新しい仕事に就いた時の業務分析
  • 昇進した時の業務分析…etc

あなたはこのタイミング毎に、スキルチェックをしているでしょうか。

仕事で求められる役割は変わっていく

あなたがスキルチェックをして、現在の仕事が上手くいきだしたとします。イライラしたり、悩んだりしなくなり、人生にこれといった問題がないとしましょう。

しかし、仕事で求められる役割は、少しずつ少しずつ変化しています。

例えば…

  • 世界情勢が変わった
  • 業界が変わった
  • 会社の規模が変わった
  • 社風が変わった
  • 関連する部門に問題が起きた
  • 優秀な社員が辞めてしまった
  • あなた自身の環境が変わった

などと、良いも悪いも物事は変わり、適応するのがだんだんと難しくなっていきます。

これらに適応するには、少し先の未来に求められるスキルを、事前に業務分析し、養っておくことです。

もし、この分析を怠っていると、あなたは若者に敬遠される「おじさん・おばさん」として、煙たがられるようになるので注意しましょう。


私が会社に勤めていた頃も、時代に取り残されたおじさんやおばさんがいました。

ただ単に、年功序列で役職がついていき、仕事ができない人ほど、害悪なものはありません。(こういう人に悩まされている人はきっと多いでしょう)

何かにイライラしたり、悩んでいる時は、他人だけが悪いのではなく、自分のスキル不足を1度疑ってみましょう。