お悩み相談はこちらからどうぞ

癖や仕草から相手の心理を読む ーたった7つのチェックポイントー

心理のイメージ

必要最低限の努力で相手の心が読めるように、あらゆる癖や仕草の心理から厳選して、7つのチェックポイントにまとめました。

他のサイトだと、50個以上紹介しているんですね。筆者自身、きっと身につけていないし、読者は、結局どれが重要かがわからない。

細かい心理的意味なんて覚えられないと思うので、効果の高い方法だけご紹介します。1つずつ習慣にしていけば、恋愛、ビジネス、人間関係できっと役に立つでしょう。

相手の心理を見極める時のポイント

「口周りを触っていたら、嘘のサイン!」とだけ書いてあるような記事は、あまり当てになりません。それは、心理学というのが統計学に近くて、当たる人もいれば当たらない人もいるからです。

具体的な、癖や仕草のメカニズムについては、こちらの記事をご覧ください。

癖や仕草のイメージ癖や仕草から相手の心理は読めるの?

相手の心理を見極める時のポイントは、いつもの行動を観察することです。普段から「いつもやる癖や仕草」を、把握して下さい。

そして、嘘をついている仕草をした時に、それが「いつもと違った行動」だったならば、本当にその人の深層心理を表していると、初めて判断できるのです。

これがメンタリズム的な、心を読む方法です。

手に入れられるスキル

癖や仕草から心が読めるようになると、以下のように恋愛、ビジネス、人間関係などの駆け引きに強くなります。

  • 女心、男心を理解する手助けになる
  • 女性に好意があるのか、男性に好意があるのか、そのサインを見極められる
  • あなたの話を面白いと思っているか、興味があるのかを判断できる
  • 緊張しているのか、リラックスしているのか、嘘をついているのかを判断できる

ポーカーなどのゲームはもちろん、最近流行りの人狼などでも、相手の心の変化を感じられるようになります。

7つのチェックポイント

「チェックポイント」「心理状態」「アドバイス」の項目に番号がふってあります。それぞれの番号は、連動していますので、照らし合わせて、確認してください。

ポイント1: 目・瞳の心理

チェックポイント

①瞳孔が開いている

②まばたきが多い(1分間に20回程度が通常、60回程度は異常)

心理状態

①興味がある、性的な魅力を感じている

②緊張している、劣勢に立たされている、嘘をついている

アドバイス

①恋愛なら完全なる攻め時ですね。仕事でも好感触です。

②嘘を見抜く場面では、女性だといつもより目を見つめてきます。男性だと目をそらしやすいです。

MEMO
瞳孔が開くのは、関心を持つ対象をよく見ようと意識するため。また、瞳が大きく、潤んで見えるので、魅力的な印象も与えます。まばたきの回数は、脳の働きに比例するので、嘘など頭を使うときにおのずと増えます。

私は目が悪いので、瞳孔まで見えないのが残念。まばたきはわかりやすいですね!

ポイント2: 視線・目線の心理

チェックポイント

①視線が縦に動いているか、横に動いているか

②目線で好きや嫌い、ポジティブやネガティブなどの空間配置、目線の方向を確認する

③A:むやみに視線を合わせたがる B:じっと見つめてくる

心理状態

①縦だと興味がある、横(目が泳ぐ)だと興味がない。

②思考や感情は、その人の目の前の空間に配置されていて、その配置も人それぞれ。例えば、「好きな旅行先は?」と聞かれて、右上を見る人もいれば、左上を見る人もいる。見る方向で心が読めるという話も、人によって配置が違うから、鵜呑みにしないでね。

③A:依存心が強い。同意を求めようとしている。 B:視線によって威嚇し、服従させようという気持ちがある。

MEMO
身体の動きも視線の動きと同じで、うなずくなど縦の動きがあると、あなたや話の内容に興味があります。一方、身体のバランスが偏っている、椅子にもたれかかっている、身体が横に揺れていると、興味がありません。
アドバイス

①視線の動きを見るのは簡単ですね。

②いかにもメンタリズム!という感じで、少し説明が長くなるので、以下の例を参考にしてください。

デートに誘うケース

STEP.1
雑談
日常会話からその人のポジティブとネガティブの空間配置、目線の方向を理解する。
STEP.2
確認
「最高の思い出」「最悪の過去」「楽しかった出来事」「悲しかった出来事」などの質問により、配置が正しいか再確認する
STEP.3
誘う
「今度、いつ空いてる?」や「今度、◯◯に行かない?」とデートに誘う
STEP.4
結果
どの方向を向くかで、脈ありか脈なしかを判断できる

商談のケース

STEP.1
雑談
日常会話からその人のポジティブとネガティブの空間配置、目線の方向を理解する
STEP.2
確認
「売れた商品」「売れなかった商品」「仕事が楽しい時」「仕事が辛い時」などの質問により、配置が正しいか再確認する
STEP.3
提案
実際に提案したいモノの話をする
STEP.4
結果
どの方向を向くかで、 商談に乗り気なのか、乗り気でないのか判断できる。競合がいるかいないかや、本音と建前の対策にもなる

空間配置を知るだけで、面白いほど、心が読めるようになりますよ♪ 上記はあくまで参考例なので、どんどんアレンジしてください!

ポイント3: 口まわりの心理

チェックポイント

①口が閉じているか

②口が開いているか(わずかに歯が見える程度でもOK)

③唇を少し舐める、飲み物をよく口にする

心理状態

①否定的な感情、防御体制

②話に夢中、楽しんでいる

③気まずい、緊張している、嘘をついている場合も

アドバイス

①話題を変える。相手が話したい場合もあるので、相手に話させると良い。

②恋愛でも仕事でも、もっと踏み込んで良いサインです。

③プレッシャーを与えていないか観察する。落ち着ける雰囲気を作る。嘘をついていそうな場合は、話題を変えて観察する。仕草がおさまると嘘をついている可能性大。

心理状態③の緊張というのは、苦手な顧客との商談、苦手な上司を想像するとわかりやすいですね。相手の気持ちを考えられない人には、なりたくないですね💦

ポイント4: 笑顔の心理

チェックポイント

①本物の笑顔

上のまぶたが下がり、頬の筋肉が目尻の近くまで持ち上がる。唇の端と目尻が自然と近づく。目尻にシワができる。

②作り笑い

頬の筋肉は上がるけど、目尻の近くまでは上がらない。目尻のシワも浅い。

③引きつった笑い、軽蔑の笑い

左右がずれている。左側が特に崩れやすい。

心理状態

①楽しい話題のサイン。幸せを感じている。あなたに好意的。

②気を遣っている。楽しくない。ウザい。

③嘘がうまくいった喜び、安心の笑い。見下して軽蔑している。

アドバイス

①恋愛ならガンガン行くべきですね。褒めてる場合はさらに褒め続けよう。

②違う話題に切り替えよう。なぜ、作り笑いをしているかも観察すべき。

③嘘をついた後の一瞬は、片方の口角が微妙に上がる笑顔が多い。

MEMO
軽蔑の笑いは、左側にシワがよったり、口角が上がることが多い。それは感情をつかさどる右脳が左半身とつながっているから。

ちなみに、ポジティブで笑顔が素敵な人と一緒にいると、自分も良い影響を受けるようです。松岡修造さんは最強ですね。

ポイント5: 手の心理

テーブルの上に、手が見えるかどうかを基準に判断すると良いです。

チェックポイント

①手が出ている。肘が乗っている。手のひらが見える。

②手や肘が見えない。手のひらが見えない。手を組んでいる。手を握っている。両手指を組んで、手のひらを隠す。膝の上に両手をおいている。腕組みをする。

心理状態

①心を開いている。興味がある。楽しい。リラックスしている。

②自分の心を見られたくない。本心を隠したい。緊張している。

アドバイス

手のひらを見せる行動をさせると良いです。何かを手渡す、手渡してもらう。手相をみる、手を褒めるなど。人間の脳は、意外と適当で、手のひらを見せる行動をさせることで、「これは心を開いているときにする行動だから、この人には心を開いているんだ」と誤解してくれます。

男性には「強そう!大きい!」などと手を褒めて、女性にはネイルを褒めるのも良いですね。

ポイント6: 足・ひざ・つま先の心理

これは、私の1番のお気に入りです。それはポーカーフェイスを気取っても、下半身まで意識がいかないからです。

チェックポイント

①足を組んでいる。足の上で手を組んでいる。

②ひざ。つま先がどこに向いているか。

③足の動きが多くなる。(足をたくさん組み替える、貧乏ゆすり…etc)

心理状態

①単なる癖の場合あり。相手や話している内容を受け入れていない。話の合間に組む場合は拒否、または本人が話を盛っている。

②こちらに向いていると、相手や話の内容に興味がある。外側や出口に向いてると、全く興味がない。

③嘘をついている。

アドバイス

①このタイプと打ち解けるのは時間がかかります。なぜ拒否やガードをするのか観察しよう。自分が正しいと思っている、器が小さい、何か弱みがある、頑固な場合が多いです。

②仕事では、話に興味があるか、商談に乗り気かどうかがわかります。合コンなどでは、誰が誰に興味があるかわかります。

③嘘をついてる人は、足まで意識しづらいです。念のため、他のポイントも見て判断しましょう。

私はカバンの書類を取るふりをして、よく観察していました。これが結構、当たってるんです。

ポイント7: セルフタッチの心理

セルフタッチは、緊張や拒否反応を示します。自分の精神を落ち着かせるための本能でもあります。

チェックポイント

①触る場所を頻繁に変えている

②顔まわり、口まわりを触る

③ずっと同じところを触っている、同じ動きをしている

心理状態

①強い拒否反応、早くこの場所から離れたい感情

②嘘を隠したい。表情や感情を隠したい。

※耳たぶを触るのは、話を聞きたくない、遮りたいサイン。

③飽きている。貧乏ゆすりも同じ心理状態です

アドバイス

いつもの癖や仕草でない場合、セルフタッチが増えることは、基本的にネガティブな状況です。その時の状況を分析してみて、何がきっかけでセルフタッチが増えたのか、考えてみましょう。

リラックスしている時も、セルフタッチは増えます。けれど、触れ方がソフトで、動きがゆっくりで、あちこち触りません。

まとめ

7つのチェックポイントだけでも、これだけ癖や仕草から相手の心理が読みとれるんですね。

きっと一気に習得するのは、難しいと思います。まずは友人などと会う前に、1つずつチェックしてみて、自分のものにしてください。

7つのチェックポイントまとめ
  1. 瞳孔が開いているか、まばたきは多いか
  2. 視線は縦横どちらか、目線の空間配置はどうか
  3. 口は閉じているか、開いているか
  4. 笑顔は本物か、作り笑いか、歪んでいるか
  5. テーブルの上に、手や肘は出ているか
  6. 足は組んでいるか、膝やつま先の方向はどうか、足の動きは増えたのか
  7. セルフタッチは増えたのか