無料お悩み相談はこちらからどうぞ

どんな人と一緒に仕事したくないかがわかる!?

お菓子のイメージ

あなたは、友人の家にお呼ばれされて、遊びに行くところです。家に向かう途中で、その友人と一緒に食べようと、あなたが大好きなお菓子をお土産に買っていきました。

ただ、せっかくお土産を買ってきて、友人に手渡したものの、あなたは友人の行動にがっかりしてしまいます…

その友人はどんな行動をしたのでしょうか

  1. 友人がお菓子を用意していて、「こっちの方が美味しいよ」と勧めてきた
  2. 友人が「自分は大丈夫」と言って、あなたに全部食べるよう勧めてきた
  3. 友人は「ありがとう」と言いながら、そのままお土産をしまってしまった

 

この心理テストでは、一緒に仕事をしたくない苦手な人がわかります。

お土産というのは、あなたの気配りや気遣いを表します。今回の友人の態度は、そんな心遣いが通じない相手を暗示しています。

あなたががっかりした理由をみることで、あなたが職場で苦手とするタイプ、仕事をしたくないタイプ、関わりたくないタイプが明らかになります。

1自己中心的な勘違い野郎

あなたは、自分ばかり話していたり、自己主張が強かったり、やたらと上昇志向がある人が苦手なようです。

特に会話をしている中で、主導権を握りたがったり、仕切りたがりの勘違い野郎に、疲労感や不快感を覚えます。

2 八方美人なお節介野郎

あなたは、八方美人で、無駄にお節介を焼いてくる人が苦手なようです。善人面した上から目線のタイプが嫌いです。

また、周囲の空気を読まずに、他人を傷つけることを言ったり、思ったことをすぐ口にするタイプも受けつけません。

3 ポンコツな受け身野郎

あなたは、気が利かず、受け身すぎる人が苦手なようです。例えば、いちいち全部説明しないといけない、言われたことしかやらないなど。

また、会話をしていても無愛想で、最低限の返事しかせず、話が続かないタイプも苦手と言えるでしょう。

 


今回は、言葉遣いが上品ではないですね。