無料お悩み相談はこちらからどうぞ

ホワイトデーのお返しを期待しないの?プレゼントで損しない方法とは

ホワイトデーのお返しをしているイメージ

ホワイトデーのお返しを期待以上のものにする方法があります。

あれだけ時間をかけて作ったのに、あれだけ人混みの中で選んだのに、『お返し…これなの?』とバレンタインのお返しって、かなりコスパが悪いですよね。

今回は、ホワイトデーのお返しで損をしないプレゼント方法について、一緒に考えていきましょう。

もらったものの価値がわからない!?

バレンタインの定番と言えば、チョコレートですよね。

「どうして男性のお返しがいつも期待はずれなのか」、色々とヒアリング調査してみました。

その結果、あなたが作るにしろ、購入するにしろ、あなたがあげたものに対して…

「いくらかかったのか」という価値

が男性に上手く伝わっていないことがわかりました。

その理由は、次のことが考えられます。

  • チョコを作ったことがないから相場がわからない
  • チョコを買ったことがないから相場がわからない
  • どれくらいのお返しを期待されているのかわからない

ということに尽きると思います。

したがって、その価値を上手く伝える必要があります。

恩を売りまくる!?

だからと言って、「ただ高級品を与えれば良い」という単純な話でもありません。

なぜなら、先ほどあげた例のように、有名ブランドのチョコでも、そのブランドさえも知らない場合が多いのです。

そこで利用したいのが、「返報性の原理」です。

返報性の原理とは…

他人がこちらに何らかの好意や恩恵を与えてくれたら、自分は似たようなカタチで、そのお返しをしなくてはならない

という心理的なルールのことです。

より具体的に説明すると…

優しくされたり、プレゼントをもらったりすると、そのような恩恵を与えてくれた人に対して、何かしらのお返しをせずにはいられなくなる

という現象が起きます。

相手に何かしてもらえると、「借り」ができたような気持ちになるのは、これが要因です。

ただこの原理にはポイントがあって…

注意点
小さな恩恵については、時間の経過とともに、お返しする義務は薄れていく。ですが、贈り物などが本当に素晴らしく、記憶に残るようなものである場合には、お返しの義務は長いあいだ生き続ける

つまり、ホワイトデーまで約1ヶ月もあるので、プレゼントのお返しをする気持ちが薄れてしまうのも当然なのです。

そこで、どうすべきなのかですが、私なりに考えたアイデアをシェアします。

アイデア①:価格をみせる

高級品をあげるなら、その価格帯が遠回しにわかるように工夫しよう。私の実体験では、紙袋とケースにブランド名がデカデカと書いてあったので、そこから価格を調べ、お返しを考えた。ただそれだと、相手次第になるので、そのブランドのホームページなどを知らせて『この前あげたチョコだけど、ここの有名ブランドなの。すごい流行ってるんだよぉ〜』と教えてる風に、さりげなく価格を知らせる。そうすると、相手はそれ以上のお返しをしようとするはずです。

アイデア②:数を打つ作戦

チョコの良し悪しをわかる男性はなかなかいない。しかも、ホワイトデーのお返しまでの期間が長すぎる。そこで、チョコを最低限の価格に抑えて、1〜2週間くらい前に、『ちょっとお菓子作りにはまってしまって』などと、別のお菓子をリマインドとして、プレゼントをするのはどうだろう。他にも、チョコ以外のプレゼントの併せ技もできそう。つまり、数を売って恩を売る、または、リマインドが狙いです。

上記の「返報性の原理」をもとに、あなたならどのような戦略をねりますか。

私のアイデアはあくまで1つの例なので、より良い作戦を考えてみてください。

MEMO
相手がものすごくケチであったり、そもそもお金がなかったり、全く脈がない場合などは、お返しを期待するのは難しいかもしれません。

「バレンタインデーのコスパが悪すぎる問題」を友人に話すと、ものすごく共感してもらえたので、今回は心理学的なアプローチを考えてみました。

男性にとって、チョコの価値がわからない、お返しまでの期間が長いことを考慮してみてください。

今年のホワイトデーのお返しが、より良くなることを祈っています。