無料お悩み相談はこちらからどうぞ

自分にあった仕事と向き合う方法とは!?

自分にあった仕事をしているイメージ

仕事に求められるスキルは、時とともに変わります。

以前の記事で、仕事で成果を出し、人生にとって最善の仕事選びをする為に、「あなたの長所と仕事に求められるスキルが合致しているのかどうかを確かめること」が重要だとお伝えしました。

質問しているイメージ就職活動の面接で質問すべきこと

ただ、これは入社時においての話です。あなたに求められるスキルは、時とともに変化していきます。

そして、仕事内容とあなたのスキルが合わなくなると、だんだんと苦しくなってきます。

今回は、歳を重ねるにつれて変化する、仕事との向き合い方についてご紹介します。

自分にあった仕事の選び方とは

さっそくですが、以下の質問について考えてみてください。

あなたの現在と将来の仕事について、最も必要な3つのスキルは、それぞれ何ですか。

すぐに思いつかない人は、こちらの記事でご紹介した「スキルチェックシート」を参考にしてください。ついでに長所と短所も分析してみてください。

分析しているイメージ長所と短所を分析するスキルチェックシート

例えば、あなたがある会社のプログラマーだとします。(現在の仕事)

そして、ゆくゆくは部署を率いる管理職にステップアップすると想定しましょう。(将来の仕事)

そこで、それぞれに必要なスキルを3つ考えてみます。

現在の仕事では、以下のスキルが必要でしょう。
※プログラマーではないのので、あくまで推測です。

  • 技術的な知識
  • 物事の全体像をとらえる能力
  • 優先順位を決める能力

上記のスキルがなければ、かなり苦労することになりますよね。

もし、コミュニケーションの方が得意ならば、プログラマーの気持ちがわかる営業職が向いていそうです。

そして、将来の仕事では、以下のスキルが必要でしょう。

  • 他人に仕事を任せる能力
  • 人間関係を築く能力
  • 対人関係に関するスキル

もちろん、「物事の全体像をとらえる能力」「優先順位を決める能力」が引き続き必要で、他にも「分析力」「人の話を聞く能力」も必要でしょう。

ただ、現在の仕事に必要だったスキルと、だいぶと異なってきますよね。

もし、これらのスキルを磨かなければ、のちのち苦労することになるでしょう。

初めからそつなくこなせるわけがないので、一所懸命に働いて、経験を積んでいけば、いずれはうまくできるようになると信じることが重要です。

または、プログラマーの道を極めていくという選択肢もありますね。

何も短所を克服し、万能であろうと努力することが正しいわけではありません。不得意な分野は別の人に任せ、長所を伸ばすという考え方もあるわけです。

このように、「現在の仕事」「将来の仕事」に必要なスキルを分析するのが、自分にあった仕事の選び方となります。

また、歳を重ねるにつれて、この分析結果が変化することを覚えておいてください。

だからこそ、定期的にスキル評価をした方が良いのです。

注意
日々の業務への対応に追われている方は、だんだんと自分のスキルに注意を払わなくなります。そうすると、だんだん仕事にいきづまってくるので、注意してくださいね。

あなたの現在の仕事は、自分のスキルとあっていましたか。また、将来の仕事に必要なスキルを把握できたでしょうか。

自分に合わない仕事を続けるのは、不幸でしかありません。

ぜひ、仕事で成果を出し、あなたの人生にとって最善の仕事選びをしてください。